読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4話写経

花丸(小さい頃から、すみっこで遊ぶ目立たない子だった)

花丸(運動も苦手だったし、学芸会では木の役で)

花丸(だから、だんだん1人で遊ぶようになっていった)

花丸(本を読むのが、大好きになっていった)

花丸(図書室はいつしか、マルの居場所となり)

花丸(そこで読む本の中で、いつも空想を膨らませていた)

花丸(読み終わったとき、ちょっぴり寂しかったけど)

花丸(それでも、本があれば大丈夫だと思った)

花丸『……?』

ルビィ『♪……!?///』

花丸『……♪』

花丸(その子は、黒澤ルビィ

花丸(マルの大切な友達)

 

OP

 

千歌「これでよし!」

梨子「それにしても、まさか本当に承認されるなんて!」

曜「部員足りないのにね」

千歌「理事長がいいって言うんだからいいんじゃないの?」

曜「いいって言うか――」

鞠莉『ショーーーニン!』

曜「――ノリノリだったけどね」

梨子「でも、どうして理事長は私たちの肩を持ってくれるのかしら?」

千歌「スクールアイドルが好きなんじゃない?」

梨子「それだけじゃないと思うけど……」

千歌「とにかく入ろうよ!」

 

ようちかりこ「「「うっ……」」」

千歌「う……」

曜「うわー……」

梨子「片付けて使えって言ってたけど……」

千歌「これぜんぶー!?はぁ……」

梨子「文句言っても誰もやってくれないわよ」

千歌「んもー……」

千歌「……?」

千歌「?なんか書いてある……」

梨子「歌詞、かな……」

曜「どうしてここに?」

千歌「わからない……」

千歌「それにしても……」

ルビィ「……!」

 

 

ルビィ「やっぱり、部室できてた!スクールアイドル部承認されたんだよ!」

花丸「よかったね~!」

ルビィ「うん!あぁ、またライブ見られるんだ……!……ピィ!?」

千歌「こんにちはー!」(梨子ちゃんだけ持ってる本の冊数が少ない)

千歌「あ、花丸ちゃん!……とぉ」

千歌「ルビィちゃん!」

ルビィ「ピギャァ!」

曜「よくわかったねー」

梨子「えぇ……」

千歌「へっへーん、ふふ」

ルビィ「……こ、こんにちは……」

千歌「かわいい……!!」

 

梨子「これ、部室にあったんだけど……図書室の本じゃないかな」

花丸「……あぁ、たぶんそうです。ありがとうございます」

千歌「スクールアイドル部へようこそ!!」

花丸「!?」

梨子「千歌ちゃん……」(曜ちゃん口を開けて驚く)

千歌「結成したし、部にもなったし、絶対悪いようにはしませんよ~?2人が歌ったら絶対キラキラする!間違いない!」

ルビィ「あ……え……でも……」

花丸「お、おら……」

千歌「?おら?」

花丸「あ……!い、いえ……マル、そういうの苦手っていうか……」

ルビィ「えぇっ……ル、ルビィも……」

花丸「……」眉をひそめる

曜「千歌ちゃん、強引に迫ったらかわいそうだよ?」

梨子「そうよ、まだ入学したばかりの1年生なんだし」

千歌「……そうだよね、あっはは、かわいいからつい……」

曜「千歌ちゃん、そろそろ練習」

千歌「あ、そっか。じゃあね」

 

ルビィ「……スクールアイドルか……」

花丸「やりたいんじゃないの?」

ルビィ「え?……でも……」

 

 

花丸「ダイヤさんが?」

ルビィ「うん、お姉ちゃん、昔はスクールアイドル好きだったんだけど」

ルビィ「一緒にμ'sの真似して、歌ったりしてた」

ルビィ「でも、高校に入ってしばらく経ったころ――」

ルビィ『~♪』

ダイヤ『……片付けて。それ、見たくない』

ルビィ『……!!』

花丸「そうなんだ……」

ルビィ「本当はね、ルビィも嫌いにならなきゃいけないんだけど……」

花丸「……どうして?」

ルビィ「お姉ちゃんが見たくないっていうもの、好きでいられないよ。それに……」

花丸「それに?」

ルビィ「…………花丸ちゃんは興味ないの?スクールアイドル」

花丸「マル!?ないない、運動苦手だし、おら、おらとか言っちゃうときあるし」

ルビィ「ふふ、じゃあルビィも平気」

花丸「…………」

 

 

「気持ちよかったね~!」

「魚綺麗だった~!」

果南「ありがとうございましたー!またよろしくお願いします!」

果南「……?」

鞠莉「やっぱりここは果南の方が安心できるな~!」

果南「……って、鞠莉!」

鞠莉「かなーん!シャイニー!!」

果南「……どうしたの、いきなり」

鞠莉「うふっ……スカウトに来たの」

果南「スカウト?」

鞠莉「休学が終わったら、スクールアイドル始めるのよ!浦の星で!」

果南「……本気?」

鞠莉「でなければ、戻ってこないよ」

果南「……!」

果南「――――!!」

鞠莉「……ふぅ」

鞠莉「相変わらず頑固親父だね……」

 

 

ルビィ「~♪」

ルビィ「……」

ルビィ『ルビィは花陽ちゃんかな~』

ダイヤ『わたくしは断然エリーチカ!生徒会長でスクールアイドル!クールですわぁ~』

ルビィ「……」

ルビィ「……」μ'sの特集を見つめる

ダイヤ「……」

 

 

花丸「μ's、かぁ……」

花丸「おらには無理ずら……」

花丸「……?」

花丸「……はぁ……」凛ちゃんの写真を見つめる

善子「ずら丸、降臨……なんでここに!」

花丸「?」

 

 

梨子「はぁ、無理よ、さすがに……」

千歌「でもー!はぁ、はぁ、μ'sも階段登って鍛えたって……」

曜「でも、はぁ、こんなに長いなんて……」

梨子「こんなの毎日登ってたら、はぁ、身体が保たないわ……」

果南「千歌?」

ようちかりこ「「「?」」」

千歌「果南ちゃん!」

曜「もしかして、上まで走っていったの?」

果南「一応ね、日課だから」

ようちか「「!?」」

梨子「日課!?」

果南「千歌たちこそ、どうしたの?急に」

千歌「鍛えなくっちゃって……ほら、スクールアイドルで!」

果南「あぁ~……そっか。ま、がんばりなよ。じゃあ、店開けなきゃいけないから」

梨子「息ひとつ切れてないなんて……」

曜「上には上がいるってことだね……」

千歌「はぁ~ぁ……私たちも!行くよおぉ~~……」

ようりこ「「あはは……」」

 

 

ルビィ「ええぇ!?スクールアイドルに!?」

花丸「うん」

ルビィ「どうして!?」

花丸「どうしてって、やってみたいからだけど……ダメ?」

ルビィ「全然!ただ、花丸ちゃん興味とかあんまり無さそうだったから……」

花丸「いや、ルビィちゃんと一緒に見ているうちに、いいなあって」

花丸「だから、ルビィちゃんも一緒にやらない?」

ルビィ「ルビィも!?」

花丸「やってみたいんでしょ?」

ルビィ「それは、そうだけど……人前とか苦手だし、お姉ちゃんが嫌がると思うし……」

花丸「……そっか。じゃあ、こうしない?」

花丸「――」

ルビィ「……体験、入部?」

 

Bパート

 

千歌「ほんとー!?」

花丸「はい」

ルビィ「よろしくお願いします!」

千歌「ぃやったぁ!……やったぁ……!!!」

千歌「――――やったぁーー!!!!」

千歌「これでラブライブ優勝だよ!レジェンドだよー!」

曜「千歌ちゃん待って、体験入部だよ?」

千歌「へ?」

梨子「要するに、仮入部っていうか、お試しってこと。それでいけそうだったら入るし、合わないっていうならやめるし」

千歌「そうなの?」

花丸「いや、まあ、いろいろあって……」

千歌「💡!」

曜「もしかして、生徒会長?」

花丸「……あ、はい、だからルビィちゃんとここに来たことは内密に……」

千歌「ぃよっ!できたー!」

曜「……千歌ちゃん、人の話は聞こうね?」

千歌「ほぇ?」

梨子「じゃあとりあえず、練習やってもらうのが一番ね」

 

千歌「」パチパチ

ルビィ「わぁー!!」

花丸「ほぉ……」

梨子「いろいろなスクールアイドルのブログを見て作ってみたの!」

曜「曲作りは?」

梨子「それは、別に時間を見つけてやるしかないわね」

ルビィ「本物のスクールアイドルの練習……!!」

花丸「……♪」

曜「でも、練習どこでやるの?」

千歌「あ……」

 

千歌「中庭もグランドもいっぱいだねー、部室もそこまで広くないし……」

曜「砂浜じゃダメなの?」

梨子「移動の時間考えると、練習場所はできたら学校内で確保したいわ」

ルビィ「屋上はダメですか!?」

千歌「屋上?」

ルビィ「μ'sはいつも、屋上で練習してたって!」

千歌「そうか!」

曜「屋上かー!」

千歌「行ってみよー!」

 

千歌「うわーー!!!!!すっごーい!!!!」

曜「富士山くっきり見えてる!」

花丸「でも陽射しは強いかも……」

千歌「それがいいんだよ!太陽の光をいーっぱい浴びて、海の空気を胸いっぱいに吸い込んで……」

千歌「……あったかい」床に手を置く

千歌「?」4人も手を置く

曜「……ほんとだ」

花丸「うぅ~ん……気持ちいいずら~……」

ルビィ「花丸ちゃん?」

ルビィ「……ふふ」ツンツン

千歌「さあ、始めようか」

千歌「じゃあ、行くよー?Aqoursー!」

「「「「「サンシャイン!!!!!」」」」」

 

曜「1,2,3,4、1,2,3,4……」

千歌「……♪」

ルビィ「……できた……!」

花丸「さすがルビィちゃん」

ルビィ「できました、千歌先輩!」

千歌「はー……あ、あれ?」

梨子「千歌ちゃんはやり直し」

ルビィ「えっへへ……」

 

千歌「えへへ……」

梨子「今日までって約束だったはずよ?」

千歌「思いつかなかったんだもん……」

(梨子「思いつかなかったじゃないでしょ?」

(千歌「まあまあ……」

(梨子「約束は約束」

花丸「何かあったんですか?」

曜「新しい曲、今作ってて」

千歌「花丸ちゃんも、何か思いついたら言ってね?」

花丸「はぁ……」

ルビィ「……!」ステップの練習

花丸「……♪」

 

 

ルビィ「これ、一気に登ってるんですか……!?」

千歌「もちろん!」

曜「いつも途中で休憩しちゃうんだけどねー」

千歌「えへへ……」

梨子「でも、ライブで何曲も踊るには頂上まで駆け上がるスタミナが必要だし」

千歌「じゃあ、μ's目指して!よーい……どーん!」

 

花丸「はぁ……はぁ……」

ルビィ「……!」

ルビィ「花丸ちゃん……」

花丸「はぁ……やっぱり、マルには……」

曜「どうしたの?」

ルビィ「……ちょっと息が切れちゃって、先行っててください」

曜「無理、しないでねー?」

花丸「ルビィちゃん……?」

ルビィ「一緒に行こ?」

花丸「ダメだよ……」

ルビィ「え?」

花丸「ルビィちゃんは、走らなきゃ、はぁ」

ルビィ「花丸ちゃん……?」

花丸「ルビィちゃんは、もっと自分の気持ち、大切にしなきゃ」

花丸「自分に嘘ついて、はぁ、無理に人に合わせても、つらいだけだよ」

ルビィ「……合わせてるわけじゃ……」

花丸「ルビィちゃんは、スクールアイドルになりたいんでしょ?」

ルビィ「……ぅん」

花丸「だったら、前に進まなきゃ」

ルビィ「……」

花丸「……さぁ、行って」

ルビィ「……で、でも……」

花丸「……さぁ」

ルビィ「……」

ルビィ「……!」

ルビィ「……うん!」

 

花丸(――マルと一緒に図書室で過ごしてくれたその子は、とても優しくて、とても思いやりがあって)

ルビィ「えへっ……!」

花丸(でも、気にしすぎな子)

花丸(素晴らしい夢も、キラキラした憧れも、全部、胸に閉じ込めてしまう子)

花丸(その胸の扉を思い切り開いてあげたいと、ずっと思っていた)

花丸(中に詰まっている、いっぱいの光を――)

ルビィ「はぁ、はぁ……」

千歌「あと少しー!」

梨子「がんばってー!」

曜「ルビィちゃーん!」

花丸(――世界の隅々まで照らせるような、その輝きを)

花丸(大空に、放ってあげたかった)

ルビィ「……あははっ……!」

花丸(それが、マルの夢だった)

ルビィ「――はぁ、はぁ、はぁ……!」

ルビィ「……やった……!やったぁ……!」

曜「すごいよルビィちゃん!」

千歌「見て!」

ルビィ「うわぁぁ……!」

千歌「やったよ!登りきったよー!!」

 

果南「……」見上げる

鞠莉「……」ティータイム

 

花丸「……」微笑む

ダイヤ「――なんですの?こんなところに呼び出して」

花丸「っ……」

花丸「あの、ルビィちゃんの話を……ルビィちゃんの気持ちを、聞いてあげてください」

ダイヤ「……ルビィの?」

花丸「……」走り去る

ダイヤ「ぁ……」

ダイヤ「……そんなの、わかってる……」

ルビィ「……お姉ちゃん!?」

ダイヤ「ルビィ?」

千歌「ダイヤさん、なんでここに……」

ダイヤ「……これはどういうことですの?」

ルビィ「あの、それは……その……」

千歌「違うんです、ルビィちゃんは――」

ルビィ「――千歌さん」

千歌「……」

ルビィ「……お姉ちゃん」

ダイヤ「……」

ルビィ「……」

ルビィ「……!」

ルビィ「ルビィ……ルビィね……!」

ダイヤ「……!」

 

 

ダイヤ「……」

鞠莉「よかったね。やっと希望が叶って(Her hope finally came true)」

ダイヤ「……なんの話ですの」

 

 

ルビィ「……よろしくお願いします!」

千歌「よろしくね!」

ルビィ「はい!がんばります!」

梨子「そういえば、国木田さんは?」

ルビィ「……」

 

 

花丸(これでマルの話はおしまい)

花丸(もう、夢は叶ったから)

花丸(マルは本の世界に戻るの)

花丸「大丈夫、ひとりでも(I'm fine by myself)」

ラブライブ!5周年記念号』

花丸「……」

花丸「……」雑誌を手に取る

花丸「……ばいばい――」

ルビィ「――――ルビィね!」

花丸「!?ルビィちゃん!?」

ルビィ「ルビィね、花丸ちゃんのこと見てた!」

ルビィ「ルビィに気を遣って、スクールアイドルやってるんじゃないかって!ルビィのために、無理してるんじゃないかって、心配だったから!」

練習風景

ルビィ「でも、練習のときも、屋上にいたときも、みんなで話してるときも――!」

ルビィ「――花丸ちゃん、嬉しそうだった……!」

花丸「……!」

ルビィ「それ見て思った、花丸ちゃん好きなんだって!ルビィと同じくらい好きなんだって!スクールアイドルが!」

花丸「っ……マルが……?まさか……」

ルビィ「じゃあ、なんでその本そんなに読んでたの?」

花丸「……それは……」

ルビィ「ルビィね、花丸ちゃんと一緒にスクールアイドルできたらって、ずっと思ってた!一緒にがんばれたらって!」

花丸「……!……それでも、おらには無理ずら。体力ないし、向いてないよ」

ルビィ「……そこに映ってる凛ちゃんもね、自分はスクールアイドルに向いてないってずっと思ってたんだよ?」

花丸「……!」

梨子「――でも好きだった(She loved it)。やってみたいと思った(She wanted to try it)」

梨子「最初はそれでいいと思うけど?」

千歌「……」手を差し出す

花丸「……!」

ルビィ「ルビィ、スクールアイドルがやりたい!花丸ちゃんと!」

花丸「……!……マルに、できるかな……」

千歌「私だってそうだよ?」

花丸「!」

千歌「一番大切なのはできるかどうかじゃない。やりたいかどうかだよ!」

花丸「……!」

ルビィ「……」微笑む

ようりこ「「……」」微笑む

千歌「えへへ」

花丸「……!」

花丸「……」千歌の手を取る

全員で手を重ねる

 

 

千歌「じゃあ、行くよ?」

千歌「せーの!」

RANK 4999

梨子「4999位……」

ルビィ「上に5000組もスクールアイドルがいるってこと……?すごい数……」

花丸「……ふふっ。さぁ、ランニング行くずらー!」

「「「おー!!!」」」

ルビィ「……えへっ」

凛ちゃんの写真が映る

 

ED