読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1話写経

千歌(普通な私の日常に、突然訪れた、奇跡)

 

 

ようちか「「わぁー!!」」

曜「千歌ちゃーん!見て見てー!」

千歌(何かに夢中になりたくて)

モブ「どうぞー!」

千歌(何かに全力になりたくて)

千歌「あー、待って待って!」

千歌(脇目も振らずに走りたくて、でも)

千歌(何をやっていいかわからなくて)

千歌(燻っていた私の全てを)

千歌(吹き飛ばし、舞い降りた!)

千歌「うわぁっ!――――わぁ……!」

千歌(それが……!)

 

OP

 

千歌「スクールアイドル部でーす!春から始まるー、スクールアイドル部ー!」

千歌「よろしくお願いしまーす!あなたも!あなたも!スクールアイドル、やってみませんか!?」

千歌「輝けるアイドル!スクールアイドルーー!!!」

曜「…………千歌ちゃん」

千歌「……うぅ……スクールアイドル部でーす……」

曜「?」

千歌「今、大人気の……スクールアイドルでーーーーすーー!!」

 

 

千歌「あぁぅっ!」

 

美渡「何?」

志満「千歌ちゃんだと思うけど」

美渡「まさかまだやってるの?お客さんに迷惑だよ」

志満「言ったんだけど……」

美渡「お前も言ってやって?こーんな田舎じゃ無理だーって!」

 

千歌「ぅいったぁ……いたた……」

曜「大丈夫?」

千歌「へーきへーき!もう一度!……どう?」

曜「うぅーん……たぶん……」

千歌「てへっ」

曜「できてると思う!」

千歌「っよし!」

曜「……本当に始めるつもり?」

千歌「うん!」

曜「?」

千歌「新学期始まったら、すぐに部活を立ち上げる!」

曜「あはは……他に部員は?」

千歌「ううん、まだ。曜ちゃんが水泳部じゃなければ、誘ってたんだけど」

曜「(表情を変えず)でも、どうしてスクールアイドルなの?」

千歌「なんで?」

曜「だって、今までどんな部活にも興味ないって言ってたでしょ?どうして?」

千歌「……えへっ」

曜「?」

ようちか「「……って」」

ようちか「「もうこんな時間ーー!?」」

千歌(ガヤ)「ああもう曜ちゃん押さないでよぉ!」

志満「こっちの玄関使っちゃダメって言ってるでしょー?」

ようちか「「ごめんなさーい!!!!」

曜「うわぁっ待ってー!!」

千歌「乗りますよー!!」

ようちか「「いってきまーす!!!!」」

 

 

ようちか「「ふぅ……」」

千歌「間に合ったぁ~……危なく無駄になるところだったよ……」

曜「そんなのまで作ったんだ?」

千歌「うん。早い方がいいでしょ?はぁ……楽しみだなぁ……!」

曜「……あー……でも……」

千歌「なになに?」

曜「ぃよっしゃ!今日は千歌ちゃんのために、一肌脱ぎますか!」

 

 

曜「スクールアイドル部でーす……」

曜「……大人気、スクールアイドル部でーす…………」

千歌「はぁ……」

曜「全然だね……」

千歌「……ん?――――わぁ……!」

曜「……美少女……?ぅわぁたっ!」

千歌「あのっ!」

花丸「はわぁっ!」

千歌「スクールアイドル、やりませんか?」

花丸「ずらっ!?」

千歌「ずら?」

花丸「……っ!い、いぇ……」

千歌「だいじょうぶ、悪いようにはしないから!」

千歌「あなたたちきっと人気が出る!間違いない!――……?」

ルビィ「……!」

花丸「うぅ……でもマルは……」

千歌「……さっ!……ささっ!」

ルビィ「……!!」

千歌「興味あるの!?」

ルビィ「ライブとか、あるんですか!?」

千歌「ううん、これから始めるところなの!だから、あなたみたいなかわいい子にぜひ!」

ルビィ「……!!!!」

花丸「ずらっ」

千歌「?」

ルビィ「ピギャアアアアアアアアアアアア!!!!!!お、おねいちゃああああああ!!!!!」

曜「うわあっ!!」

花丸「ルビィちゃんは、究極の人見知りずら」

善子「きゃああああああ!!!!?」

千歌「わわっ」

ルビィ「っ!」花丸の背中に隠れる

善子「……ううううぅぅぅ……あし…………ぐぁっ」頭に鞄落下

千歌「ちょっ、いろいろ大丈夫……?」

善子「ううっ……うっ……ふっふっふふふ……!ここはもしかして、地上……?」

ようちか「「!?」」

花丸「……?」

ルビィ「!!」

千歌「だいじょぶじゃ、ない……?」

善子「ということは、あなたたちは下劣で下等な人間ということですか?」

曜「うわっ」

千歌「それより足、大丈夫……?」

善子「いっ……!!!ったいわけないでしょう……?この身体は単なる器なのですから」

千歌「ぅえ……?」

善子「ヨハネにとってはこの姿はあくまで仮の姿……。おぉっと、名前を言ってしまいましたね、堕天使ヨ花丸「善子ちゃん?」ハネ」

善子「ぅええ!?」

花丸「やっぱり善子ちゃんだー!花丸だよ?幼稚園以来だね!」

善子「は……な……ま……るぅぅっ!?に、人間風情が何を言って……」

花丸「じゃーんけーん……」

よしまる「「ぽん!!」」

善子「ううぅ……!」

花丸「そのチョキ……やっぱり善子ちゃん!」

善子「善子ゆーなっ!!いーい?私はヨハネヨハネなんだからねー!」

花丸「あっ、善子ちゃーん!」

ルビィ「あ、マルちゃん!」

善子「善子ゆーなー!」

花丸「どうしたの善子ちゃーん!」

ルビィ「待ってぇ~~!!」

善子「くるなーー!!」

 

千歌「あの子たち……あとでスカウトに行こう!」

曜「あははは……」

ダイヤ「……あなたですの?このチラシを配っていたのは」

ようちか「「?」」

ダイヤ「いつ何時、スクールアイドル部なるものがこの浦の星女学院にできたのです?」

曜「……!!」

千歌「あなたも1年生?」

曜「千歌ちゃん、違うよその人は新入生じゃなくて3年生!しかも……」

千歌「……っうそ」

千歌「生徒会長……!」

ダイヤ「……ふふ」

 

 

ダイヤ「……つまり、設立の許可どころか申請もしていないうちに、勝手に部員集めをしていたというわけ?」

千歌「悪気はなかったんです。ただ、みんな勧誘してたんでー、ついでと言うかー、焦ったぁーと言うか……」

ダイヤ「部員は何人いるんですの?ここには1人しか書かれていませんが」

千歌「今のところ……1人です」

ダイヤ「……部の申請は最低5人は必要というのは知っていますわよね?」

千歌「だーから勧誘してたんじゃないですかぁー」

ダイヤ「――ふん!!」

千歌「うわぁぁ!?」

ダイヤ「……ぁいったぁ~~……」

千歌「ぷっふふ!」

ダイヤ「笑える立場ですの!?」

千歌「わぁっ!?……ぅ、すいません」

ダイヤ「とにかく、こんな不備だらけの申請書、受け取れませんわ」

千歌「えぇーー!?」

曜「……千歌ちゃーん、一回もどろー?」

千歌「――!!……じゃあ、5人集めてまた持ってきます!」

ダイヤ「別に構いませんけど。たとえそれでも承認はいたしかねますがね」

千歌「どうしてです!?」

ダイヤ「――わたくしが生徒会長で居る限り、スクールアイドル部は認めないからです!」

千歌「そ、そんなぁーー!!!!!」

 

 

千歌「はぁーあ、失敗したなぁ」

千歌「でもどうしてスクールアイドル部はダメ、なんて言うんだろう」

曜「……嫌い、みたい」

千歌「?」

曜「(顔をそむけながら)クラスの子が前に作りたいって言いに言ったときも断られた、って……」

千歌「え!?曜ちゃん知ってたの!?」

曜「ごめん!!」

千歌「先に言ってよぉー!!」

曜「……だって、千歌ちゃん夢中だったし。……言い出しにくくて」

曜「とにかく、生徒会長の家、網元で結構古風な家らしくて、だからああいうチャラチャラした感じのものは嫌ってるんじゃないかって噂もあるし……」

千歌「……チャラチャラじゃないのになぁ」

 

 

千歌「よっ!着いた!」

果南「遅かったね。今日は入学式だけでしょ?」

曜「うん、それがいろいろと……」

千歌「はい!回覧板と、お母さんから」

果南「どうせまたみかんでしょ?」

千歌「文句ならお母さんに言ってよぉ」

果南「ふふふ」

 

果南「よっ……と」

曜「それで、果南ちゃんは新学期から学校来れそう?」

果南「うーん、まだ家の手伝いも結構あってね。よっ……父さんの骨折も、もうちょっとかかりそうだし」

千歌「そっかぁ……果南ちゃんも誘いたかったなぁ」

果南「誘う?」

千歌「うん!私ね、スクールアイドルやるんだ!」

果南「……………………ふーん。……まあ、でも私は千歌たちと違って3年生だしね」

千歌「知ってるー!?すごいんだよー!!」

果南「はい、お返し」

曜「あっはは!」

千歌「また干物ー?」

果南「文句は母さんに言ってよー。ま、そういうわけで」

果南「もうちょっと休学続くから、学校でなんかあったら教えて」

千歌「……?」

ブロロロロ……

千歌「?」

曜「?」

千歌「なんだろう?」

果南「…………小原家でしょ」

 

鞠莉「ニネンブゥリデスカ」

 

 

千歌「んぅぅー……っはぁ」

千歌「どーにかしなくちゃなー……せっかく見つけたんだし……」

千歌「はぁぁ……」

千歌「……?」

梨子「……」

千歌「……え」

梨子「……!」

千歌「え……?」

梨子「……っ」

千歌「うそ……まだ4月だよ」

梨子「っ……たああああああ!!!」

千歌「待って!!死ぬから死んじゃうからあ!!」

梨子「離して!行かなくちゃいけないの!」

千歌「ううっ!」

千歌「……え?」

梨子「わぁぁ!?」

ちかりこ「「うわあーー!!!!」」

 

Bパート

 

梨子「……くしゅん」

千歌「大丈夫?沖縄じゃないんだから」

千歌「海に入りたければ、ダイビングショップもあるのに」

梨子「……海の音を聴きたいの」

千歌「海の音?……どうして?」

梨子「……」

千歌「……わかったじゃーもう聞かないー……」

千歌「!海中の音ってこと!?」

梨子「ふふっ……私、ピアノで曲を作ってるの。でも、どうしても海の曲のイメージが浮かばなくて」

千歌「ふわぁー、曲を?作曲なんてすごいね!ここら辺の高校?」

梨子「……東京」

千歌「東京?わざわざ?」

梨子「わざわざっていうか……」

千歌「そうだ、じゃあ誰かスクールアイドル知ってる?」

梨子「スクールアイドル?」

千歌「うん!ほら、東京だと有名なグループたくさんいるでしょ?」

梨子「何の話?」

千歌「へ……?」

 

千歌「まさか知らないの!?スクールアイドルだよ!?学校でアイドル活動して、大会が開かれたりする!」

梨子「有名なの?」

千歌「有名なんてもんじゃないよ!ドーム大会も開かれたことがあるくらい、超人気なんだよ!」

千歌「って、私も詳しくなったのは最近だけど……」

梨子「そうなんだ。私、ずっとピアノばかりやってきたから、そういうの疎くて」

千歌「じゃあ、見てみる?なんじゃこりゃー!ってなるから」

梨子「なんじゃこりゃ?」

千歌「なんじゃこりゃ!」

梨子「……うーん……これが……」

千歌「どう?」

梨子「どうって……なんというか……普通?」

梨子「ああいえ、悪い意味じゃなくて、アイドルって言うからもっと芸能人みたいな感じかと思ったっていうか……」

千歌「…………だよね」

梨子「え?」

千歌「だから、衝撃だったんだよ」

梨子「……?」

千歌「……あなたみたいにずっとピアノを頑張ってきたとか、大好きなことに夢中でのめり込んできたとか、将来こんなふうになりたいって夢があるとか――」

千歌「……よっ、と」

千歌「――そんなのひとつもなくて」

梨子「……」

千歌「……私ね、普通なの」

千歌「私は、普通星に生まれた普通星人なんだって。どんなに変身しても、普通なんだって。そんなふうに思ってて、それでも何かあるんじゃないかって、思ってたんだけど」

千歌「気がついたら、高2になってた」

千歌「まずっ!このままじゃ本当にこのままだぞ!普通星人を通り越して、普通怪獣ちかちーになっちゃうーって!がおー!!……ふふっ」

千歌「ぴーどかーん!うおーしゅしゅしゅしゅーどーんあははっ!」

梨子「……ふふっ」

千歌「ふふ。……そんなとき、出会ったの。あの人たちに」

 

千歌「みんな私と同じような、どこにでもいる普通の高校生なのに、キラキラしてた」

千歌「それで思ったの。一生懸命練習して、みんなで心をひとつにしてステージに立つと、こんなにもかっこよくて、感動できて……!素敵になれるんだ、って!」

千歌「スクールアイドルって、こんなにも、こんなにも、こんなにも!!!キラキラ輝けるんだって!!!」

 

千歌「――気付いたら全部の曲を聴いてた。毎日動画見て、歌を覚えて、そして思ったの!」

千歌「私も仲間と一緒に頑張ってみたい!この人たちが目指したところを、私も目指したい」

千歌「……私も、輝きたいって!」

梨子「……ありがとう。なんか頑張れって言われた気がする、今の話」

千歌「ほんとに?」

梨子「ええ!スクールアイドル、なれるといいわね」

千歌「うん!あ、私、高海千歌!あそこの丘にある、浦の星女学院って高校の2年生」

梨子「同い年ね。私は桜内梨子。高校は――」

梨子「――音ノ木坂学院高校」

 

 

曜「もう一度?」

千歌「うん!ダイヤさんのところに行って、もう一回お願いしてみる!」

曜「でも」

千歌「諦めちゃダメなんだよ!あの人たちも歌ってた、その日は絶対来るって」

曜「……本気なんだね」

千歌「え?」

曜「やっ」

千歌「あ、ちょっと!」

曜「……私ね、小学校の頃からずーっと思ってたんだ。千歌ちゃんと一緒に夢中で、何かやりたいなーって」

千歌「曜ちゃん……?」

曜「――だから、水泳部と掛け持ち、だけど!」

曜「えへっ!はい!」

千歌「曜ちゃん……!!……ううっ、よーちゃーん!!!よーちゃーん!!」

曜「くるしいよー!」

千歌「よーーし!絶対すっごいスクールアイドルになろうね!!」

曜「うん!!」

ようちか「「……?」」

ようちか「「わーーー!!!!!!」」

 

 

ダイヤ「ふぅ……よくこれでもう一度持ってこようという気になりましたわね。しかも1人が2人になっただけですわよ?」

千歌「やっぱり、簡単に引き下がったらダメだって思って!きっと生徒会長は私の根性を試しているんじゃないかって!」

ダイヤ「違いますわ!何度来ても同じとあの時も言ったでしょう!?」

千歌「っ……どうしてです!!」

ダイヤ「この学校には、スクールアイドルは必要ないからですわ!!」

千歌「なんでですっ!!」

ちかダイ「「……っっ!!!!!!」」

曜「まあまあ……」

ダイヤ「あなたに言う必要はありません!だいたい、やるにしても曲は作れるんですの?」

千歌「曲?」

ダイヤ「……ラブライブに出場するには、オリジナルの曲でなくてはいけない。スクールアイドルを始めるときに、最初に難関になるポイントですわ」

ダイヤ「東京の高校ならいざ知らず、うちのような高校だと、そんな生徒は……」

千歌「……!」

 

千歌「1人もいなーい……生徒会長の言うとおりだったぁ……」

曜「大変なんだね、スクールアイドル始めるのも……」

千歌「……こうなったら!私が!なんとかして!!」

曜「できる頃には卒業してると、思う!」

千歌「だよねー……」

先生「はーい、皆さん」

ようちか「「?」」

先生「ここで転校生を紹介します」

千歌「……」

先生「今日から、この学校に編入することになった――」

梨子「……くしゅん、失礼。東京の、音ノ木坂という高校から転校してきました――」

曜「?」

千歌「……わぁ――!」

梨子「――桜内梨子です。よろしくお願いします」

千歌「――奇跡だよ!!」

梨子「!?あ、あなたは……!」

千歌(それが、全ての始まりだった!!)

 

決めたよHand in Hand

 

千歌「――一緒に、スクールアイドル!始めませんか!?」

梨子「……ふふっ」

千歌「……えへへ」

梨子「――ごめんなさい」

千歌「え?」

千歌「えーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!????????」