読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13話写経

果南「前回の」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」」

千歌『Aqours!』

果南「ラブライブの予備予選を突破した私たち」

千歌『0……』

曜『東京?』

果南「μ'sがどうやって学校を救ったかを知るために、東京へ向かった」

千歌『μ'sのすごいところって、きっと何もないところを、何もない場所を、思いっきり走ったことだと思う』

千歌『みんなの夢を、叶えるために』

果南「こうして私たちは、ラブライブの地区予選に挑むことになった!」

 

 

千歌「はじめまして!私たちは浦の星女学院スクールアイドル――」

「「「Aqoursです!」」」

千歌「今日は、みなさんに伝えたいことがあります」

千歌「それは……!」

 

OP

 

御用の方は屋上にまでずら♡ 国木田

果南「1, 2, 3, 4! 1, 2, 3, 4!」

果南「今のところの移動は、もう少し速く!」

ルビィ「はい!」

果南「善子ちゃんは……」

善子「ヨハネ!」

果南「ふふっ、さらに気持ち急いで!」

善子「承知!(Affirmative!) 空間移動使います!」

 

果南「はい、じゃあ休憩しよ」

「「「ふぅうぅ……」」」

花丸「暑すぎずら~……」

ルビィ「今日も真夏日だって~……」

曜「はい!」

ルビマル「「?」」

曜「水分補給は欠かさない約束だよ?」

ルビィ「ありがとう……!」

花丸「ずら!」

果南「ふぅ、今日もいい天気!」

ダイヤ「休まなくていいんですの?日向にいると体力持っていかれますわよ」

鞠莉「果南はシャイニーの子だからね!(But Kanan was born shining!)」

善子「ふぃ~……」

「「「?」」」

ダイヤ「黒い服はやめた方がいいとあれほど……」

善子「黒は堕天使のアイデンティティ……黒がなくては、生きていけない……」

ダイヤ「死にそうですが……?」

梨子「千歌ちゃーん!」

千歌「ほっ、と」

曜「ナイスキャッチ!」

梨子「飲んでー!」

千歌「ありがとう!」

千歌「えへっ、私、夏好きだな。なんか熱くなれる」

梨子「ふふっ」

曜「私も!」

千歌「よーし!そろそろ再開しようか!」

ダイヤ「ぶっぶーーー!!」

千歌「なに!?」

ダイヤ「オーバーワークは禁物ですわ!」

鞠莉「by果南!」

果南「ふふっ」

鞠莉「みんなのこと考えてね?」

千歌「そっか、これから一番暑い時間だもんね」

ダイヤ「ラブライブの地区予選も迫って焦る気持ちもわかりますが、休むのもトレーニングのうちですわよ」

ルビィ「さすがお姉ちゃん!」

果南「でもその前に」

千歌「?」

果南「みんな100円出して!」

善子「やってきたのですね……本日のアルティメットラグナロク……!」

善子「クック……クク……未来が、時が――見える!」

果南「じゃあ行くよ?」

花丸「じゃーんけーん……」

 

 

善子「なんでいつも負けるのかしら……」

「1158円です」

善子「誰よ!高いアイス頼んだの!」

 

 

花丸「ずら~……」

ルビィ「ピギィ……」

善子「よはぁ……」

梨子「全然こっちに風来ないんだけど……」

曜「教室に冷房でもついてたらな~……」

梨子「統合の話が出てる学校なのに、つくわけないでしょう?」

千歌「だよね~……」

千歌「そうだ、学校説明会の参加者って今どうなってるの?」

鞠莉「よっ」

ダイヤ「鞠莉さん!はしたないですわよ」

鞠莉「今のところ……」

千歌「今のところ……?」

鞠莉「今のところ…………」

千歌「今のところ…………!」

鞠莉「Zero~♪」

千歌「はぁ……」

千歌「そんなにこの学校魅力ないかな……少しくらい来てくれてもいいのに……」

曜「……」

ガラガラ

曜「?」

千歌「?」

「あれ?」

千歌「むっちゃんたち、どうしたの?」

「うん、図書室に本返しに……」

「もしかして、今日も練習?」

千歌「もうすぐ地区予選だし」

「この暑さだよー?」

千歌「そうだけど、毎日だから慣れちゃった」

「毎日?」

「夏休み……」

「毎日練習してたの?」

千歌「うん!」

果南「そろそろ始めるよー!」

千歌「あ、うん!じゃあね!」

「がんばってね(Good luck)……」

「練習、毎日やってたんだ……」

「千歌たちって、学校存続させるためにやってるんだよね」

「うん……」

「でもすごくキラキラしてて……!」

「まぶしいね!」

「うん!」

 

 

千歌「ふぅ~……」

千歌「今日もめいっぱいだったね~!」

曜「でも、日に日によくなってる気がする!」

ダイヤ「それで?歌の方はどうですの?」

梨子「花丸ちゃんと歌詞を詰めてから(Hanamaru and I are going to iron out the lyrics,)、果南ちゃんとステップ決めるところ(and then Kanan will decide on the steps)」

鞠莉「聴いてる人にハートに、シャイニーできるといいんだけど」

果南「ま、とにかく今は疲れを取ってまた明日に備えよ?……っとぅ!」

ダイヤ「また服のままで!」

善子「だてーん!」

鞠莉「シャイニー!」

ダイヤ「はしたないですわよ!」

果南「だって気持ちいいんだもーん!」

千歌「あ……」

「「「?」」」

夕空と飛行機雲

 

「あ、いたいた!」

「千歌ー!」

千歌「あれ、むっちゃん?帰ったんじゃなかったの?」

「うん、でも……」

「なんか、ちょっと気になっちゃって」

千歌「え?」

「千歌たちさ、夏休み中ずっとラブライブに向けて練習してたんでしょ?」

「そんなにスクールアイドルって面白いのかなって」

「私たちも、一緒にスクールアイドルになれたりするのかな。……学校を救うために」

「実は他にも、もっと自分たちにも何かできるんじゃないかって考えてる子、結構いるみたいで」

ダイヤ「そうなのですか?」

「はい」

「統廃合の話、あったでしょ?みんな最初は、仕方ないって思ってたみたいなんだけど……」

「やっぱり、みんなこの学校大好きなんだよね!」

「だから、学校を救ったりキラキラしたり輝きたいのは、千歌たちだけじゃない。私たちも一緒に、何かできることあるんじゃないかって」

千歌「…………!!」

曜「千歌ちゃん?」

「どうかな?」

千歌「……やろう!!みんな一緒に!!」

「ほんと!?」

千歌「うん!!」

「やったー!!」

曜「なんかわくわくしてくるね!」

千歌「楽しみだな、ラブライブ!

梨子「……」

 

 

梨子「歌?」

千歌「うん!ダンスは無理かもだけど、一緒にステージで歌うとかなら間に合うんじゃないかなって」

梨子「できるの?」

千歌「うん。みんなが歌って、上手く行って、それで有名になって、たくさん入学希望者が来れば学校も存続できるし」

梨子「千歌ちゃん、でもね――」

千歌「それと!」

千歌「……今は0を1にしたい」

梨子「……」

千歌「今日、むっちゃんたちと話してて思ったの、なんで入学希望者が0なんだろうって。だってここにいる人は、みんなここが大好きなんだよ?町も学校も人も、大好きなんだよ?それって、ここが素敵な場所ってことでしょ?」

千歌「なのに0っていうことは、それが伝わってないってことだよね……」

千歌「ラブライブがどうでもいいってわけじゃないけど、ここが素敵な場所だってきちんと伝えたい。そして、0を1にしたい!」

梨子「うん……ん?」

梨子「……ち、千歌ちゃん……ううしろ……」

千歌「?」

梨子「おば、お……おあ、お、おばけ……!」

千歌「わっ!おかあさん!」

梨子「お母さん!?そ、その人が……?」

千歌ママ「そうです!私が高海千歌の母です!あなたが梨子ちゃんね?」

梨子「え?い、いや、初めまして!こんばんは……」

千歌ママ「初めまして、こんばんは!美人だね~」

梨子「え?いやーそれほどでも……あるかなぁ……」

千歌「……」

梨子「はっ!?」

千歌「ていうかどうしてここにいるの?東京だったんじゃないの?」

千歌ママ「そうだけど、なんか千歌がスクールアイドルとかいうのやっているから一度見に来てって、志満から連絡があって」

千歌「また余計なことを……とにかく今梨子ちゃんと大事な話してるんだから、あっち行ってて!」

千歌ママ「ふふっ、はいはい、わかったわかった」

千歌ママ「……あ、一個だけいい?」

千歌「なに?」

千歌ママ「今度は……やめない?」

千歌「……うん、やめないよ」

千歌ママ「ふふっ」

梨子「……いいお母さんね」

千歌「え、そうかなあ?とにかく、ラブライブ目指して!」

梨子「うん!」

 

Bパート

 

花丸「だぎゃあああ!!!」

ルビィ「だぎゃあ?」

善子「……これが来るべき、聖戦の地……!」

 

千歌「待ち合わせ場所は、っと……」

曜「今来たのが……こっちだから……」

 

「「「はぁ~……」」」

曜「むっちゃんたち、来てないね」

千歌「たぶんここで合ってるはずなんだけど……」

梨子「……」

「千歌ー!」

梨子「!」

「あっ、いた!」

千歌「ここだよー!」

梨子「……」

「ごめんごめん、ちょっと道に迷っちゃって……」

曜「他の子は?」

「うん、それなんだけど……実は……」

千歌「……そっか」

曜「しょうがないよ、夏休みなんだし」

「私たち、何度も言ったんだよ?」

「でも、どうしても――」

千歌「え?」

「みんなー!準備はいいー?」

「「「いえーい!!」」」

「「「全員で、参加するって!!!」」」

ルビィ「ピギッ」

千歌「みんな……!」

「びっくりした?」

千歌「うん!これで、全員でステージで歌ったら絶対キラキラする!学校の魅力も伝わるよ!」

梨子「ごめんなさい!」

千歌「ん?梨子ちゃん?」

梨子「……」

 

梨子「実は――調べたら、歌えるのは事前にエントリーしたメンバーに限るって決まりがあるの」

千歌「そんな……」

1年生「……」

梨子「それに、ステージに近付いたりするのもダメみたいで……」

3年生「……」

梨子「もっと早く言えばよかったんだけど……」

千歌「ごめんね、むっちゃん……」

「いいのいいの、いきなり言い出した私たちも悪いし」

「じゃあ私たちは、客席から宇宙一の応援(stellar support)してみせるから!」

「浦女魂、見せてあげるよ!」

「だから、宇宙一の歌(a stellar song)、聴かせてね?」

 

 

ルビィ「実はまだ、信じられないんだ」

花丸「おらもずら……」

ルビィ「今、こうしてここにいられることが……」

花丸「夢みたいずら……」

善子「何今更言ってるの。今こそがリアル、リアルこそ正義」

ルビマル「「……」」

善子「……ありがとね」

ルビマル「「!」」

花丸「ずら!」

善子「さ、あとはスクールアイドルとなって、ステージで堕天するだけ!」

ルビィ「うん!」

花丸「黄昏の理解者ずら(You understand my longing, zura)」

善子「行くわよ!堕天使ヨハネとリトルデーモン!ラブライブにー、降臨!」

 

果南「高校3年になってから、こんなことになるなんてね」

ダイヤ「まったくですわ。誰かさんがしつこいおかげですわね」

果南「だね。感謝してる、鞠莉」

鞠莉「感謝するのは私だよ。果南とダイヤがいたからスクールアイドルになって、ずっと2人が待っててくれたから諦めずに来られたの」

果南「あのとき置いてきたものを、もう一度取り戻そう!」

ダイヤ「もちろんですわ」

 

梨子「不思議だな。内浦に引っ越してきたときは、こんな未来が来るなんて思ってもみなかった」

曜「千歌ちゃんがいたからだね」

千歌「それだけじゃないよ。ラブライブがあったから、μ'sがいたから、スクールアイドルがいたから、曜ちゃんと梨子ちゃんがいたから!」

ようりこ「……!」

千歌「これからも、いろんなことがあると思う。うれしいことばかりじゃなくて、つらくて、大変なことだっていっぱいあると思う」

千歌「でも私、それを楽しみたい!」

千歌「全部を楽しんで、みんなと進んでいきたい!それがきっと、輝くってことだと思う!」

ダイヤ「そうね」

鞠莉「9人もいるし」

千歌「……9人だけじゃない、行くよ!」

 

 

千歌「今日はみなさんに、伝えたいことがあります!」

千歌「それは、私たちの学校のこと、町のことです!」

 

千歌「Aqoursが生まれたのは、海が広がり、太陽が輝く、内浦という町です」

千歌「小さくて人もいないけど、海にはたくさんの魚がいて、いっっぱいみかんがとれて!……あたたかな人であふれる町」

千歌「その町にある、小さな小さな学校。今ここにいるのが、全校生徒!」

千歌「そこで私たちは、スクールアイドルを始めました」

曜「アキバで見たμ'sのようになりたい、同じように輝きたい。でも……」

ようちか「「作曲!?」」

ダイヤ「そう、作曲ができなければ――ラブライブには、出られません!」

ようちか「「ハードル高っ!」」

曜「そんなとき、作曲のできる少女、梨子ちゃんが転校してきたのです」

千歌「奇跡だよ!」

梨子「ごめんなさい!」

ようちか「「がーん!!」」

千歌「東京から来た梨子ちゃんは、最初はスクールアイドルに興味がなかった。東京でつらいことがあったから」

ようちか「「でも……!」」

梨子「輝きたい!」

曜「その想いは、梨子ちゃんの中にもあった」

曜「そして……」

花丸「お、おら、私、運動苦手ずら、だし……」

ルビィ「ルビィ、スクールアイドル好きだけど、人見知りだから……」

善子「堕天使ヨハネ、ここに降臨!私の羽根を広げられる場所は、どこ……?」

千歌「こうして6人になった私たちは、歌を歌いました。町のみんなと一緒に」

梨子「そんなとき、私たちは東京のイベントに出ることになった」

花丸「未来ずら~!」

ルビィ「人がいっぱい……!」

善子「ここが魔都、東京……!」

曜「ここで歌うんだね!がんばろう!」

千歌「でも、結果は――最下位」

千歌「私たちを応援してくれた人は、0」

梨子「0」

曜「0」

善子「0」

ルビィ「0」

花丸「0」

千歌「0……」

ルビィ「スクールアイドルは、厳しい世界」

花丸「そんな簡単ではなかったのです」

曜「……やめる?」

千歌「……」

曜「千歌ちゃん、やめる?」

千歌「……くやしい、くやしいんだよ……!」

千歌「私、やっぱりくやしいんだよ……!」

千歌「0だったんだよ!?くやしいじゃん!!」

梨子「そのとき、私たちに目標ができました(That's when we found our goal)」

曜「0から1へ」

花丸「0のままで、終わりたくない」

善子「とにかく前に進もう」

ルビィ「目の前の0を、1にしよう」

千歌「そう、心に決めて……!」

梨子「そんなとき、新たな仲間が現れたの!」

ダイヤ「生徒会長の黒澤ダイヤですわ!」

果南「スクールアイドルやるんだって?」

鞠莉「Hello, everybody!」

曜「以前、スクールアイドルだった3人はもう一度手を繋いで、私たちは9人になりました」

千歌「こうして、ラブライブ予備予選に出た私たち。結果は見事突破!でも……」

ルビィ「入学希望者は0……」

善子「忌まわしき0が……」

花丸「また私たちに突きつけられたのです」

千歌「どーして0なのーー!!?」

果南「私たちは考えました」

鞠莉「どうしたら前に進めるか」

ダイヤ「どうしたら、0を1にできるのか」

千歌「そして、決めました」

曜「私たちは」

梨子「この町と」

花丸「この学校と」

ルビィ「この仲間と一緒に」

善子「私たちだけの道を歩こうと」

果南「起きることすべてを受け止めて」

ダイヤ「すべてを楽しもうと」

鞠莉「それが……輝くことだから!」

千歌「輝くって、楽しむこと(To shine is to enjoy life)」

千歌「あの日、0だったものを1にするために」

千歌「さあ、行くよ!」

千歌「1!」

曜「2!」

梨子「3!」

花丸「4!」

ルビィ「5!」

善子「6!」

ダイヤ「7!」

果南「8!」

鞠莉「9!」

「「「10!!!」」」

千歌「……!」

千歌「今、全力で輝こう!」

千歌「0から1へ!」

千歌「Aqours!」

「「「サンシャイン!!!」」」

 

MIRAI TICKET

 

千歌「みんなー!!一緒にー!!」

千歌「――輝こう!!」

 

 

 

千歌(私たちが0から作り上げたものってなんだろう)

千歌(形のないものを追いかけて、迷って、怖くて、泣いて……そんな0から逃げ出したいって)

千歌(でも、何もないはずなのに、いつも心に灯る光)

千歌(この9人でしかできないことが、必ずあるって信じさせてくれる光(And our belief that all nine of us could do something special was fed by that shining light))

千歌(私たちAqoursは、そこから生まれたんだ!)

千歌(叶えてみせるよ、私たちの物語を!)

千歌(この、輝きで!)

千歌「君のこころは――!」

「「「輝いてるかい?」」」