読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12話写経

善子「前回の」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」」

善子「予備予選を前に、梨子の代わりに千歌と闇の契約を結んだ曜」

曜『ごめん!』

善子「千歌との間に漆黒の鼓動を打つ悩みを抱えていた」

曜『私と2人は、嫌だったのかなあって……』

善子「そして、あるナハト」

千歌『合わせるんじゃなくて、1から作り直した方がいい!』

曜『私、バカだ……!バカヨウだ……!!』

善子「こうして、ついに神々の黄昏、ラブライブに堕天したのです」

 

 

予備予選合格者発表まで間もなく!

「「「……」」」

ルビィ「まだ?」

ダイヤ「まったく、どれだけ待たせるんですの!?」

果南「あぁ~っ、こういうの苦手!」

千歌「落ち着いて……」

果南「ちょっと走ってくる」

千歌「あ、結果出たら知らせるね~!」

果南「いいよ」

千歌「じゃあ知らなくていいの?」

果南「……!」

果南「むぅ~っ……!」

鞠莉「あんまり食べると太るよ?」

花丸「食べてないと落ち着かないずら!」

善子「リトルデーモンの皆さん……」

まりまる「「?」」

善子「この堕天使ヨハネに、魔力を、霊力を――すべての、力を!」

トラック「」ブーン

ろうそく「」フッ

善子「消すなーーーっ!!!」

曜「来た!」

よしルビ「「!」」

曜「ラブライブ、予備予選合格者……」

千歌「うぅ……緊張する……!」

ダイヤ「Aqoursのアですわよ!ア!ア!ア!」

曜「イーズーエクスプレス……」

「「「……」」」

果南「うそ!?」

千歌「落ちた……」

ダイヤ「そんなぁ~!?」

曜「あ、エントリー番号順だった」

「「「」」」コテッ

千歌「よーちゃーん!」

曜「ごめんごめん!えーっと……」

曜「イーズーエクスプレス、グリーンティーズ、ミーナーナ、Aqours……」

千歌「Aqours!」

曜「あった!!」

ルビィ「ピギャァー!」

花丸「ばんざいずら~!」

ダイヤ「やりましたわー!」

鞠莉「……予備予選……突破……!」

鞠莉「Oh my god……Oh my god……Oh my goooooooooooood!!!!!」

 

OP

 

花丸「」モッモッ

果南「さあ、今朝捕れたばかりの魚だよ!みんな食べてね!」

千歌「なんで、お祝いにお刺身?」

果南「だって、干物じゃお祝いっぽくないかなって」

千歌「それ以外にもあるでしょ、夏みかんとか!」

花丸「パンとか」

果南「じゃあ刺身でもいいでしょ?」

ルビィ「うわぁっ、あっ、ピギィ!っあ、見てください!」

千歌「なに?」

ルビィ「PVの再生回数が!」

158,372回

千歌「私たちのPVが!?」

曜「すごい再生数!」

ルビィ「それだけじゃなくて、コメントもたくさんついていて!」

花丸『かわいい』

ダイヤ『全国、出てくるかもね』

果南『これは、ダークホース……』

善子「暗黒面?」

曜「よかった、今度は0じゃなくて」

善子「そりゃそうでしょ、予選突破したんだから」

rrr

ようよし「「?」」

千歌「?」

千歌「梨子ちゃんだ!」

 

梨子「予選突破、おめでとう!」

千歌『ピアノの方は?』

梨子「うん、ちゃんと弾けたよ」

梨子「探していた曲が、弾けた気がする」

千歌「よかったね……!」

曜「じゃあ、次は9人で歌おうよ!全員揃って!ラブライブに!」

千歌「曜ちゃん……!」

梨子「そうね……!」シュシュを見つめる

梨子『――9人で!』

「「「」」」ニコ

(善子だけ真顔?)

ダイヤ「そして、ラブライブで有名になって、浦女を存続させるのですわ!」

ルビィ「がんばルビィ!」

果南「これは学校説明会も期待できそうだね!」

千歌「説明会?」

鞠莉「うん、Septemberに行うことにしたの」

ダイヤ「きっと、今回の予選で学校の名前もかなり知れ渡ったはず」

鞠莉「そうね、PVの閲覧数からすると、説明会に参加希望の生徒の数も……」

鞠莉「…………」

「「「?」」」

鞠莉「……Zero」

ダイヤ「え?」

鞠莉「Zero、だね……」

ルビィ「そんな……!」

ダイヤ「……嘘、嘘でしょう!?」

千歌「ゼロ……?」

曜「1人もいないってこと……?」

千歌「……」

 

 

千歌「はぁ……」

千歌「またゼロかぁ……」

曜「入学希望となると、別なのかなあ……」

千歌「だって、あれだけ再生されてるんだよ?予備予選終わった帰りだって――」

 

『あの!Aqoursの果南さんですよね!』

果南『え?』

『やっぱりそうだ!サ、サインください!』

果南『ぅえ?私でいいの?ほんとに私で合ってる?』

千歌『?』

『じゃあ行きますよー!全速前進ー!』

曜『よ、よーそろー……』

ルビィ『ピギィィィィィィ!』

『握手してくださーい!』

ダイヤ『……お待ちなさい』

ダイヤ『代わりに、私が写真を撮らせてあげますわ』

『ど、どちらさまですか?』

ダイヤ『……💢』

ダイヤ『わ~た~く~し~は~!!!!!』

 

千歌「――って感じで大人気だったのに……」

曜「ダイヤさんのくだりは要らなかった気がする……」

千歌「これで生徒が全然増えなかったら、どうすればいいんだろう……」

曜「μ'sは、この時期にはもう廃校を阻止してたんだよね」

千歌「……え?そうだっけ?」

曜「うん。学校存続が、ほぼ決まってたらしいよ」

千歌「差、あるなぁ……」

果南「仕方ないんじゃないかな」

千歌「?」

果南「ここでスクールアイドルをやるってことは、それほど大変ってこと」

千歌「それはそうだけど……」

果南「うちだって、今日は予約ゼロ」

(ダイマリ生徒会室で作業)

果南「東京みたいに、ほっといても人が集まるところじゃないんだよ、ここは」

千歌「……」

千歌「……でも、それを言い訳にしちゃダメだと思う」

果南「千歌……」

千歌「……!」

果南「?」

千歌「それがわかった上で、私たちはスクールアイドルやってるんだもん!」

千歌「はむはむむむ……!!」

曜「千歌ちゃん、一度に全部食べると……ん?千歌ちゃん!?」

千歌「1人で、もう少し考えてみるー!」

千歌「うあぅっ……!」

ようかな「「?」」

千歌「……ううぅぅ、きた……!」

ようかな「「あははは……」」

 

 

千歌「……」

千歌「……もう学校を救っていたのか……」

千歌(あのときは、自分とそんなに変わらないって、普通の人たちががんばってキラキラ輝いているって、だからできるんじゃないかって思ったんだけど)

千歌「何が違うんだろう……」

千歌「リーダーの差、かなあ」

美渡「なーに1人でぶつぶつ言ってるの?」

千歌「はぁ、どうすればいいんだろう……」

美渡「千歌?千歌さーん」

千歌「!もう考えててもしょうがない!行ってみるか!」

美渡「どこに?」

千歌「?」

千歌「なんで美渡姉がいるの?」

美渡「……あんた、今気づいたの?」

 

曜「東京?」

千歌『うん!見つけたいんだ、μ'sと私たちのどこが違うのか』

ダイヤ「……」

千歌『μ'sがどうして、音ノ木坂を救えたのか』

鞠莉「……」

千歌『何がすごかったのか。それをこの目で見て――』

花丸「……」

千歌『みんなで考えたいの!』

果南「いいんじゃない?」

善子「つまり、再びあの魔都に降り立つということね……」

梨子「私は、1日帰るの伸ばせばいいけど……」

千歌『けど?』

梨子「ううん!じゃあ詳しく決まったら、また教えてね」

梨子「うっ……」

梨子「……片付けなくちゃ」

 

Bパート

 

千歌「うわぁ~!にぎやかだね~!」

ダイヤ「みなさん、心をしっかり!負けてはなりませんわ、東京に呑まれないよう!」

千歌「大丈夫だよー!襲ってきたりしないからー!」

ダイヤ「あなたはわかっていないのですわ!東京の恐ろしさを、このコンクリート――」

千歌「なんであんなに敵対視してるの?」

ルビィ「お姉ちゃん、小さい頃東京で迷子になったことがあるらしくて――」

 

ダイヤ『ごちゃごちゃ……ごちゃごちゃ……ごちゃごちゃ……!』

ダイヤ『ピギィィィィイイイイィ!』

 

千歌「トラウシだね……」

善子「トラウマね」

曜「そういえば、梨子ちゃんは?」

千歌「ここで待ち合わせだよ?」

梨子「……ふっ!ふっ!ぐぐぐ……!」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「!?!?わ、千歌ちゃん……!みんなも」

千歌「何入れてるのー?」

梨子「え、ええと……お土産とか、お土産とか、お土産とか……」

千歌「わーー!!お土産!?」

千歌「なに?」

梨子「わ゛ー゛ー゛っ゛!゛!゛」

千歌「わぁっ!見えないよ、見えないよ梨子ちゃん、ちょ」

梨子「なんでもないの、なんでもないのよ~!」

 

梨子「よい、しょ。さあ、じゃあ行きましょうか」

曜「とは言っても、まずどこに行く?」

鞠莉「Tower?Tree?Hills?」

ダイヤ「遊びに来たんじゃありませんわ」

千歌「そうだよー、まずは神社!」

ルビィ「また?」

千歌「うん!実はね、ある人に話聞きたくて、すっごい調べたんだ!」

千歌「そしたら会ってくれるって!」

花丸「ある人?誰ずら?」

千歌「それは会ってのお楽しみ!でも話を聞くにはうってつけのすごい人だよ!」

ルビィ「東京……神社……」

ダイヤ「すごい人……まさか……!」

ダイルビ「「まさか……!まさか!まさか!まさかー!!?」」

 

聖良「お久しぶりです」

千歌「お久しぶり」

ダイルビ「「なぁんだ~……」」

鞠莉「誰だと思ってたの?」

 

千歌「わぁ~……なんか、すごいところですね」

梨子「予備予選突破、おめでとうございます」

鞠莉「Coolなパフォーマンスだったね!」

聖良「褒めてくれなくて結構ですよ」

梨子「?」

聖良「再生数は、あなたたちの方が上なんだし」

曜「いえいえー」

ルビィ「それほどでもー」

聖良「でも、決勝では勝ちますけどね」

千歌「!……」

聖良「私と理亞は、A-RISEを見てスクールアイドルを始めようと思いました」

聖良「だから、私たちも考えたことがあります。A-RISEやμ'sの何がすごいのか、何が違うのか」

千歌「答えは、出ました?」

聖良「いいえ。ただ、勝つしかない、勝って追いついて同じ景色を見るしかないのかもって」

千歌「……勝ちたいですか?」

Saint Snow「え?」

千歌「ラブライブ、勝ちたいですか?」

理亞「……姉様、この子バカ?」

聖良「勝ちたくなければ、なぜラブライブに出るのです?」

千歌「それは……」

聖良「μ'sやA-RISEは、なぜラブライブに出場したのです?」

千歌「……」

聖良「そろそろ、今年の決勝大会が発表になります」

千歌「……」

聖良「見に行きませんか?ここで発表になるのが、恒例になってるの」

 

千歌「……!」

梨子「アキバドーム……!」

果南「本当に、あの会場でやるんだ……!」

千歌「……ちょっと、想像できないな……」

梨子「?」

花丸・ルビィ・ダイヤ・鞠莉「「「……」」」

梨子「……」

善子・曜・果南「「「……」」」

梨子「……」

梨子「……ねえ!音ノ木坂、行ってみない?」

「「「え?」」」

梨子「ここから近いし、前私がわがまま言ったせいで、行けなかったから」

千歌「……いいの?」

梨子「うん!ピアノ、ちゃんとできたからかな」

梨子「今は、ちょっと行ってみたい。自分がどんな気持ちになるか、確かめてみたいの。みんなはどう?」

曜「賛成!」

果南「いいんじゃない?見れば、何か思うことがあるかもしれないし」

ルビィ「音ノ木坂?」

ダイヤ「μ'sの?」

ダイルビ「「母校ー!?」」

 

曜「この上にあるの?」

ルビィ「うぅ、なんか緊張する……どうしよう、μ'sの人がいたりしたら!」

ダイヤ「へ、平気ですわ!そのときは、ササササインと、写真と、握手……!」

花丸「単なるファンずら」

千歌「……!」

梨子「あ、千歌ちゃん!」

曜?「待って!」

善子「抜け駆けはずるい~!」

花丸「ずら~!」

 

千歌「はっ、はっ、はっ、はっ……」

千歌「はぁ、はぁ……」

千歌「……ここが、μ'sのいた……!」

ダイヤ「この学校を、守った……!」

鞠莉「ラブライブに出て……!」

果南「奇跡を成し遂げた……!」

「――あの」

「「「?」」」

「なにか?」

善子「私の姿を検知してる……!?」

花丸「やめるずら」

曜「すみません、ちょっと見学してただけで……」

「もしかして、スクールアイドルの方ですか?」

千歌「あぁ、はい!μ'sのこと、知りたくて来てみたんですけど」

「そういう人、多いですよ。でも、残念ですけど、ここには何も残ってなくて」

千歌「え?」

「……μ'sの人たち、何も残していかなかったらしいです」

「自分たちのものも、優勝の記念品も、記録も」

「ものなんか無くても、心は繋がっているからって」

「それでいいんだよって」

千歌「……」

「いくよー!」

千歌「?」

「あ、もう、こら!」

「「「?」」」

「走ったら転ぶわよ!」

「だいじょうぶ!せーのっ……それ!」

「よっ!……えへへ!」

「もう、危ないでしょ!」

「すごいでしょー?」

千歌「……ふふっ」

梨子「どう?」

千歌「え?」

梨子「何かヒントはあった?」

千歌「……うん、ほんのちょっとだけど。梨子ちゃんは?」

梨子「うん、私はよかった。ここに来て、はっきりわかった」

梨子「――私、この学校好きだったんだなって」

 

千歌「」お辞儀

ようりこ「「……ふふっ」」

ようりこ「「」」お辞儀

ルビマル「「えへへ」」

3年生「「「ふふっ」」

9人「」お辞儀

「「「ありがとうございました!!」」」

「……」

千歌「……」

千歌「?」

千歌「……ふふっ」

 

 

千歌「……」

善子「スティグマ……天使……」

ダイヤ「結局東京に行った意味はあったんですの?」

果南「そうだね、μ'sの何がすごいのか、私たちとどこが違うのか。はっきりとはわからなかったかな」

鞠莉「果南は、どうしたらいいと思うの?」

果南「私?私は……学校は救いたい。けど、Saint Snowの2人みたいには思えない」

果南「あの2人、なんか1年の頃の私みたいで……ん?」

鞠莉「ビッグになったね、果南も♡」

果南「訴えるよ!」

千歌「……」

『μ'sの人たち、何も残して行かなかったらしいです』

『それでいいんだよって(That's how they wanted it)』

千歌「……!」

千歌「あっ……!」

千歌「ねえ!海、見ていかない?みんなで!」

梨子「千歌ちゃん?」

 

千歌「……」

ルビマル「「わぁ~!」」

ルビィ「綺麗……!」

花丸「ずら~……!」

千歌「――私ね、わかった気がする」

「「「?」」

千歌「μ'sの何がすごかったのか」

曜「ほんと?」

千歌「たぶん、比べたらダメなんだよ」

千歌「追いかけちゃダメなんだよ。μ'sも、ラブライブも、輝きも(We can't chase after μ's, or Love Live, or that shine...)」

善子「どういうこと?」

ダイヤ「さっぱりわかりませんわ」

果南「そう?私は、なんとなくわかる」

梨子「一番になりたいとか、誰かに勝ちたいとか、μ'sってそうじゃなかったんじゃないかな」

千歌「うん。μ'sのすごいところって、きっと何もないところを、何もない場所を、思いっきり走ったことだと思う」

千歌「……みんなの夢を、叶えるために。自由に、真っ直ぐに……!だから飛べたんだ!」

千歌「μ'sみたいに輝くってことは、μ'sの背中を追いかけることじゃない」

千歌「――自由に走るってことなんじゃないかな!」

千歌「全身全霊、なんにも囚われずに!自分たちの気持ちに従って!」

果南「自由に……」

鞠莉「Run and Run...」

ダイヤ「自分たちで決めて、自分たちの足で」

花丸「なんかわくわくするずら!」

ルビィ「ルビィも!」

曜「全速前進、だね!」

善子「自由に走ったら、バラバラになっちゃわない?」

梨子「どこに向かって走るの?」

千歌「私は……0を1にしたい!」

(8話回想)

千歌「あのときのままで、終わりたくない」

梨子「千歌ちゃん……!」

千歌「それが今、向かいたいところ!」

ルビィ「ルビィも!」

梨子「そうね、みんなもきっと!」

果南「なんか、これで本当に1つにまとまれそうな気がするね!」

ダイヤ「遅すぎですわ」

鞠莉「みんなシャイですから(We're all shy)」

千歌「えへへっ、じゃあ行くよ?」

曜「待って!」

「「「?」」」

曜「指、こうしない?」

曜「これをみんなで繋いで、0から1へ!」

千歌「それいい!」

曜「でしょ?」

千歌「じゃあ、もう一度!」

千歌「0から1へ!今、全力で輝こう!Aqours――!」

「「「――サンシャイン!!!」」」

千歌(Dear穂乃果さん。私はμ'sが大好きです)

千歌(普通の子が精一杯輝いていたμ'sを見て、どうしたらそうなれるのか、穂乃果さんみたいなリーダーになれるのか、ずっと考えてきました)

千歌(――やっとわかりました!)

千歌(私でいいんですよね(I'm fine the way I am)。仲間だけを見て、目の前の景色を見て、真っ直ぐに走る。それがμ'sなんですよね!それが、輝くことなんですよね!)

千歌(だから私は、私の景色を見つけます(That's why I will find my own place))

千歌(あなたの背中ではなく、自分だけの景色を探して走ります!みんなと一緒に!いつか、いつか……!)

千歌「……!」

 

千歌「あ……!」

羽根を受け取る

千歌「わぁ……!ふふっ!」

 

剥がされたμ'sのポスター痕

 

ED