読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8話写経

聖良「見てて、私たち――Saint Snowのステージを」

千歌「……」

聖良「……」

「でーはー!トップバッターは、このグループ!」

聖良「……フッ」

Saint Snow!!」

聖良「……」

理亞「……」

千歌「……」ゴクリ

SELF CONTROL!!

千歌「――――っ!」

「続いてー、人気急上昇中!の、フレッシュなスクールアイドル!Aqoursのみなさんです!」

曜「――千歌ちゃん!」

千歌「あ……うん!」

 

OP

 

梨子「……この街、1300万人も人が住んでいるのよ」

曜「そうなんだ……」

梨子「って言われても、全然想像できないけどね……」

曜「……やっぱり、違うのかな。そういうところで暮らしていると」

花丸「……どこまで行ってもビルずら」

ルビィ「あれが富士山かなあ?」

花丸「ずら」

善子「フッフッフ……最終呪詛プロジェクト、ルシファーを解放」

善子「魔力2000万のリトルデーモンを……召喚!」

善子「……かっこいい!」

ルビィ「善子ちゃんは元気だね」

善子「善子じゃなくて!ヨ!ハ!ネ!」

花丸「ライブ終わったのにヨハネのままずら」

千歌「……」

千歌「……!」

千歌「……おまたせ~!」

千歌「わ、なにこれすごーい!キラキラしてるー!」

曜「……千歌、ちゃん……」

千歌「それにこれもすっごい美味しいよ!食べる?」

曜「あ、うん……」

千歌「はい!ルビィちゃんたちも!」

ルビィ「あ、ありがとう……」

千歌「全力で頑張ったんだよ?私ね、今日のライブ……今まで歌ってきた中で、出来は一番よかったって思った」

千歌「声も出てたし、ミスも一番少なかったし」

梨子「でも――」

千歌「それに、周りはみんなラブライブ本選に出場しているような人たちでしょ?入賞できなくて当たり前だよ」

梨子「だけど、ラブライブの決勝に出ようと思ったら、今日出ていた人たちくらい上手くないといけないってことでしょう?」

千歌「それは、そうだけど……」

曜「……私ね、Saint Snowを見たときに思ったの」

曜「これがトップレベルのスクールアイドルなんだって、このくらいできなきゃダメなんだって」

曜「……なのに、入賞すらしていなかった」

曜「あの人たちのレベルでも、無理なんだって」

ルビィ「……それはルビィもちょっと思った」

花丸「マルも……」

善子「……な、なに言ってるのよ。あれはたまたまでしょ?天界が放った魔力によって……」

ルビまる「「……」」微笑む

ルビィ「何がたまたまなの?」

花丸「何が魔力ずら?」

善子「え?いや、それは……」

花丸「なぐさめるの下手すぎずら」

善子「な、なによぉ!人が気利かせてあげたのにー!」

千歌「そうだよ!今はそんなこと考えても、しょうがないよ」

梨子「……」

曜「……」

千歌「それよりさ、せっかくの東京だしみんなで楽しもうよ!」

rrrr

「「?」」

千歌「……高海です。え?はい、まだ近くにいますけど……」

 

 

「ごめんなさいねー、呼び戻しちゃって!これ、渡し忘れていたからって思って」

ルビィ「なんだろう……」

善子「もしかして……ギャラ?」

花丸「卑しいずら(Show some class)」

千歌「……?」

「今回、お客さんの投票で入賞グループ決めたでしょ?その集計結果」

千歌「わざわざ、すいません」

「正直、どうしようかなーってちょっと迷ったんだけど……」

「出場してもらったグループにはちゃんと渡すことにしてるから」

千歌「はぁ……」

「じゃあ!」

曜「……見る?」

千歌「うん……」

千歌「!」

千歌「上位入賞したグループだけじゃなくて、出場グループ全部の得票数が書いてある……」

花丸「Aqoursはどこずら?」

千歌「えーっと……あ、Saint Snowだ」

梨子「9位か……もう少しで入賞だったのね」

花丸「Aqoursはー?」

千歌「うん」

千歌「……あ」

千歌「……30位……」

曜「30組中、30位……?」

善子「ビリってこと?」

花丸「わざわざ言わなくていいずら!」

梨子「得票数はどのくらい?」

千歌「えーっと……」

千歌「……」

千歌「……0……」

ルビィ「……そんな……」

梨子「私たちに入れた人、1人もいなかったってこと……?」

千歌「――――」

曜「千歌ちゃん……」

千歌「――――」

聖良「お疲れ様でした」

千歌「……!」

千歌「Saint Snowさん……」

聖良「素敵な歌で、とてもいいパフォーマンスだったと思います」

聖良「ただ、もしμ'sのようにラブライブを目指しているのだとしたら――」

聖良「――諦めた方がいいかもしれません」

「「「……!!」」」

千歌「?」

理亞「……馬鹿にしないで」

千歌「……」

理亞「ラブライブは――遊びじゃない!」

千歌「…………!!」

 

 

「「「……」」」

ルビィ「……泣いてたね、あの子。きっと悔しかったんだね、入賞できなくて……」

花丸「ずら……」

善子「……だからって、ラブライブを馬鹿にしないで、なんて……」

「「「……」」」

曜「……でも、そう見えたのかも」

梨子「……」

「「「……」」」

千歌「……私はよかったと思うけどな」

曜「千歌ちゃん……?」

千歌「精一杯やったんだもん。努力して頑張って、東京に呼ばれたんだよ?それだけですごいことだと思う。でしょ?」

花丸「それは……」

千歌「だから、胸張っていいと思う!今の私たちの精一杯ができたんだから」

曜「……千歌ちゃん」

千歌「?」

曜「千歌ちゃんは、悔しくないの?」

千歌「え?」

よしまるびぃ「「「……!」」」

梨子「……!」

曜「……悔しくないの?」

千歌「……そ、そりゃあちょっとは……でも満足だよ!みんなであそこに立てて、私は……うれしかった」

曜「……」

曜「……そっか」

 

 

ルビィ「戻ってきた~……」

花丸「やっとずらって言えるずら~」

善子「ずっと言ってたじゃない!」

花丸「ずらー!」

「「「おーい!」」」

千歌「みんな……」

「「「おかえりー!」」」

「どうだった、東京は?」

千歌「……あー、うん、すごかったよ。なんかステージもキラキラしてて……」

「ちゃんと歌えた?」「緊張して、間違ったりしなかった?」

曜「うん、それはなんとか……ね?」

梨子「……そうね、ダンスのミスもなかったし……」

千歌「そうそう!今までで、一番のパフォーマンスだったねってみんなで話していたところだったんだー」

「なぁーんだ、心配して損したー」

「じゃあじゃあ、もしかして本気でラブライブ決勝狙えちゃうかもってこと!?」

千歌「……え?」

「そうだよね!東京のイベント、呼ばれるくらいだもんね!」「うんうん!」

千歌「……あー、そうだねー!だと、いいけど……」

ルビィ「……」

花丸「……」

善子「……」

ダイヤ「――おかえりなさい」

ルビィ「……お姉ちゃん……」

ダイヤ「……ふふ」

ルビィ「……!」

ルビィ「……ふ、うっ、う――!」

ダイヤ「……よく頑張ったわね」

ルビィ「ううっ、う、うああっ、ああ……!」

花丸「……」

善子「……」

曜「……」

梨子「……」

千歌「――」

ルビィ「うっ、ああ、ふぅっ、うぅ、うあぁっ、あぁあ……!」

千歌「――――」

 

 

鞠莉「……」

ライト

鞠莉「いつ以来かなあ、こうやって呼び出されるの」

果南「……ダイヤから聞いた、千歌たちのこと」

鞠莉「そう」

果南「――どうするつもり?」

 

Bパート

 

ダイヤ「――得票、ゼロですか」

梨子「はい……」

ダイヤ「やっぱりそういうことになってしまったのですね。今のスクールアイドルの中では」

ルビィ「zzz……」

ダイヤ「先に言っておきますけど、あなたたちは決してダメだったわけではないのです」

ダイヤ「スクールアイドルとして充分練習を積み、見てくれる人を楽しませるに足りるだけのパフォーマンスもしている」

ダイヤ「……でも、それだけではダメなのです。もう、それだけでは」

千歌「……」

曜「どういうことです?」

ダイヤ「……7236。なんの数字かわかります?」

善子「ヨハネのリト――」

花丸「違うずら」

善子「ツッコミはやっ!」

ダイヤ「ふふ。……去年最終的にラブライブにエントリーした、スクールアイドルの数ですわ。第1回大会の10倍以上」

千歌「……」

千歌「……そんなに」

ダイヤ「スクールアイドルは確かに、以前から人気がありました。しかし、ラブライブの大会の開催によって、それは爆発的なものになった」

ダイヤ「A-RISEとμ'sによって、その人気は揺るぎないものになり、アキバドームで決勝が行われるまでになった」

ダイヤ「……そして、レベルの向上を生んだのですわ」

梨子「じゃあ……」

ダイヤ「そう。あなたたちが誰にも支持されなかったのも、わたくしたちが歌えなかったのも、仕方ないことなのです」

千歌「……歌えなかった?」

善子「どういうこと?」

ルビィ「……!」

ダイヤ「……2年前、既に浦の星には統合になるかも、という噂がありましてね――」

 

鞠莉『School idol?』

ダイヤ『そうですわ!学校を廃校の危機から救うには、それしかありませんの!』

果南『鞠莉スタイルいいし、一緒にやったら絶対注目浴びるって!』

鞠莉『Sorry, そういうの興味ないの……』

果南『……ふふん』

果南『ハグッ!』

鞠莉『なにするの!?』

果南『うんって言うまでハグする!』

鞠莉『放してよー!』

ダイヤ『ふふふっ』

果南『ダーメ!』

鞠莉『もー、やめて果南ー!』

果南『やめない!』

ダイヤ『わたくしも仲間に入れてください!』

 

 

鞠莉「――その何が悪かったの?町の人も学校の人も、School idolだと応援してくれたじゃない」

果南「……ライブも上手く行ったしね。でも――」

 

果南『東京?』

ダイヤ『そうですの!わたくしたちが呼ばれたんですのよ!』

鞠莉『ダイヤ、ずいぶん鼻息がvery hard……』

ダイヤ『っ!とにかくチャンスですわ!このイベントで有名になれば、ラブライブが一気に近づきますわ!』

かなまり『……ふふっ』

 

 

ダイヤ「――でも、歌えなかったのですわ」

回想

ダイヤ「他のグループのパフォーマンスのすごさと、巨大な会場の空気に圧倒され――」

ダイヤ「――何も歌えなかった。あなたたちは歌えただけ立派ですわ」

曜「じゃあ、反対してたのは……」

ダイヤ「……いつかこうなると思っていたから」

千歌「……」

ダイヤ『これは今までのスクールアイドルの努力と、町の人たちの善意があっての成功ですわ。勘違いしないように』

 

果南「外の人にも見てもらうとか、ラブライブに優勝して学校を救うとか――」

果南「――そんなのは絶対に無理なんだよ」

鞠莉「だから諦めろって言うの?」

果南「……私はそうすべきだと思う」

果南「……!」

鞠莉「……果南……」

果南「……」

鞠莉「……」

果南「――誰かが、傷つく前に(Before someone gets hurt)」

鞠莉「……」

鞠莉「……私は諦めない……必ず取り戻すの、あの時を!果南とダイヤと失ったあの時を……!」

鞠莉「私にとって……宝物だった、あの時を……」

 

 

美渡「はやくお風呂入っちゃいなよー!」

千歌「うん……」

美渡「梨子ちゃんも早く休んでね」

梨子「はい、ありがとうございます」

梨子「千歌ちゃん……」

千歌「?」

梨子「大丈夫?」

千歌「……うん。少し考えてみるね」

千歌「私がちゃんとしないと、みんな困っちゃうもんね」

梨子「……」

 

 

花丸「……ずら」

 

善子「今日もおしまいっ。……ふぅ……」

 

ルビィ「……ここで、こう……!ピギィ!?」

ルビィ「……」

 

 

ダイヤ「――ええ、話しましたわ。きちんと」

果南「そう……」

ダイヤ「よかったんですわよね、これで(This is what you wanted, right?)」

果南「……」

ダイヤ「……これで……(This is what you wanted...)」

 

 

曜「……」

曜『――千歌ちゃん。……やめる?』

千歌『……』

曜『やめる?スクールアイドル』

千歌『……』

曜『……』

曜「うぅ~ん…………」

 

 

梨子「……」

「身体、冷えるわよ?」

梨子「うん……」

梨子「……」

 

千歌「……」

千歌「ふぅ……」

千歌「……」μ'sのポスターに手を伸ばす

Saint Snowの回想、0

千歌「……!」

千歌「……」

 

 

梨子「――」

梨子「――?」

梨子「……」千歌の部屋を見つめる

梨子「……?」

千歌「……」

梨子「千歌、ちゃん……」

千歌「……」

千歌「……っ!」

 

梨子「――千歌ちゃーん!!千歌ちゃーん!!!!」

梨子「千歌ちゃーん!!!千歌ちゃーん!!!」

梨子「……!」

千歌「あれ?梨子ちゃん……」

梨子「はぁ……いったい何してるの?」

千歌「え?あぁ、うん……何か、見えないかなーって」

梨子「え?」

千歌「ほら、梨子ちゃん海の音を探して潜ってたでしょ?」

千歌「だから私も何か見えないかなーって」

梨子「……それで?」

千歌「うん!」

梨子「ふふっ……それで、見えたの?」

千歌「ううん、なにも」

梨子「なにも?」

千歌「うん。なにも見えなかった」

千歌「でもね、だから思った。続けなきゃって」

千歌「私、まだ何も見えてないんだって。先にあるものがなんなのか」

千歌「このまま続けても、0なのか、それとも1になるのか、10になるのか――」

千歌「――ここでやめたら全部わからないままだって」

梨子「千歌ちゃん……」

千歌「だから私は続けるよ、スクールアイドル。だってまだ0だもん」

千歌「……0だもん。0なんだよ……あれだけみんなで練習して、みんなで歌を作って、衣装も作ってPVも作って、頑張って頑張って、みんなにいい歌聴いてほしいって……」

千歌「……スクールアイドルとして、輝きたいって――」

千歌「……っ」

梨子「……」

千歌「っ……!」

梨子「……!?」

千歌「――なのに0だったんだよ!?悔しいじゃん!!!……っ!!」

梨子「あ……!」

千歌「差がすごいあるとか、昔とは違うとか、そんなのどうでもいい!!」

千歌「――悔しい!!やっぱり私、悔しいんだよ……!!」

千歌「うぅっ……!!」

千歌「……あ……!」

梨子「――よかった……!やっと素直になれたね……!」

千歌「……だって私が泣いたら、みんな落ち込むでしょ?今まで頑張ってきたのに、せっかくスクールアイドルやってくれたのに、悲しくなっちゃうでしょ……?」

千歌「……だから、だから……っ!」

梨子「……ふふっ、馬鹿ね……!みんな千歌ちゃんのためにスクールアイドルやってるんじゃないの……自分で決めたのよ。私も――」

千歌「――!?」

梨子「曜ちゃんも、ルビィちゃんも、花丸ちゃんも、もちろん善子ちゃんも」

曜「おーーい!!」

千歌「……でも……!」

梨子「だからいいの。千歌ちゃんは、感じたことを素直にぶつけて、声に出して」

曜「千歌ちゃん!」

ルビィ「えへへ」

花丸「ずら!」

善子「うわぁっ!?」

梨子「――みんなで一緒に歩こう。一緒に」

千歌「……ぅ、うぅっ、うわぁあん……!ああぁ、っ、あぁ……!」

梨子「今から、0を100にするのは無理だと思う」

梨子「――でも、もしかしたら1にすることはできるかも!」

梨子「私も知りたいの。それができるか」

千歌「……うん……!」

光が射す

「「「うわぁ……!!」」」

千歌「――うん!」

 

 

千歌「」集計結果を貼る

「「「」」」目を合わせる

練習へ

ホワイトボード

0

 

ED

7話写経

ダイヤ「前回の!」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」」

『『『統廃合!?』』』

ダイヤ「Aqoursは学校存続に向けて、活動を開始」

千歌『特に何も無いです!』

ダイヤ「この学校と町の魅力を伝えようと、悪戦苦闘」

鞠莉『努力の量と結果は比例しません!』

ダイヤ「千歌たちは奮起して――」

梨子『これなんじゃないかな。この町や学校のいいところって』

千歌『――そうだ!』

ダイヤ「学校存続に向けて、大きな一歩を踏み出したのですわ」

 

 

千歌「この前のPVが5万再生?」

曜「ほんとに?」

善子「ランタンが綺麗だって評判になったみたい」

善子「ランキングも……」

梨子「99位!?」

花丸「ずら!?」

千歌「……来た!きたきたー!それって全国でってことでしょ?5000以上いるスクールアイドルの中で、100位以内ってことでしょ!?」

梨子「一時的な盛り上がりってこともあるかもしれないけど、それでもすごいわね!」

ルビィ「ランキング上昇率では1位!」

花丸「わぁ~、すごいずら!」

千歌「なんかさ、このまま行ったらラブライブ優勝できちゃうかも!」

曜「優勝?」

梨子「そんな簡単なわけないでしょう?」

千歌「分かっているけど、でも可能性は0じゃないってことだよ」

メール

善子「?これ……」

千歌「なになに?」

ルビィ「Aqoursのみなさん、東京スクールアイドルワールド運営委員会」

曜「東京?」

ルビィ「って書いてあります」

千歌「東京って、あの東にある京の……」

梨子「……なんの説明にもなってないけど」

「「「「「「……」」」」」」

「「「「「「……!!」」」」」」

「「「「「「東京だー!」」」」」」

千歌「わぁ……!」

 

OP

 

ダイヤ「東京?」

ルビィ「うん……」

ルビィ「イベントで、一緒に歌いませんかって」

ダイヤ「東京の、スクールアイドルイベント……」

ルビィ「うぅ……あ、ちゃんとしたイベントで、去年入賞したスクールアイドルもたくさん出るみたいで――」

千歌『行きます!』

梨子『交通費とか大丈夫なの?』

千歌『うぁ~お小遣い前借りでー!』

ルビィ「――って、千歌ちゃんが」

ダイヤ「……」

ルビィ「……」

ダイヤ「……東京の……」

ルビィ「やっぱり、ダメ?」

ダイヤ「鞠莉さんはなんと言ってるの?」

ルビィ「みんなが良ければ、理事長として許可を出すって」

ダイヤ「……」

ダイヤ「……」スタスタ

ルビィ「……お姉ちゃん!」

ダイヤ「……」

ルビィ「お姉ちゃんは、やっぱり嫌なの?ルビィがスクールアイドル続けること……」

ダイヤ「……ルビィ」

ルビィ「?」

ダイヤ「ルビィは自分の意志で、スクールアイドルを始めると決めたのですよね?」

ルビィ「うん」

ダイヤ「だったら、誰がどう思おうが関係ありません、でしょう?」

ルビィ「でも……」

ダイヤ「ごめんなさい、混乱させてしまってますよね」

ダイヤ「あなたは気にしなくていいの。わたくしは、ただ……」

ルビィ「ただ……?」

ダイヤ「……いえ、もう遅いから、今日は寝なさい」

ルビィ「…………」

 

 

鞠莉「来ると思った」

ダイヤ「……どういうつもりですの」

ダイヤ「あの子たちを今、東京に行かせるのがどういうことかわかっているのでしょう?」

鞠莉「ならば止めればいいのに」

ダイヤ「……!」

鞠莉「ダイヤが本気で止めれば、あの子たち諦めるかもしれないよ?」

鞠莉「ダイヤも期待してるんじゃない?私たちが乗り越えられなかった壁を、乗り越えてくれることを」

ダイヤ「……もし越えられなかったらどうなるか、充分知っているでしょう?取り返しがつかないことになるかもしれないのですよ」

鞠莉「だからと言って、避けるわけには行かないの。本気でスクールアイドルとして、学校を救おうと考えているなら」

ダイヤ「っ……!」

鞠莉「……」

ダイヤ「……変わっていませんわね、あの頃と」

 

 

千歌「東京トップス!」

千歌「東京スカート!」

千歌「東京シューズ!」

千歌「そしてー、東京バッグ!」

梨子「……いったい何がどうしたの?」

千歌「かわいいでしょ!」

美渡「クックックッ……w」

梨子「東京行くからってそんなに構えなくても……」

美渡「やべっ」

千歌「?梨子ちゃんはいいよ、内浦から東京行くなんて一大イベントなんだよ!」

梨子「……」

「「おはようございまーす」」

梨子「!……あはは……――っ!?」

ルビィ「どうでしょう……ちゃんとしてますか?」

梨子「っ……」

千歌「うっわぁぁ~……」

花丸「こ、これで、渋谷の険しい谷も大丈夫ずらか!」

梨子「……なに、その仰々しい格好は……」

「「がーん!!」」

梨子「それに渋谷は険しくない」

千歌「2人とも地方感丸出しだよ」

梨子「あなたもよ」

千歌「ええぇ~!!」

 

 

花丸「結局、いつもの服になってしまった……」

梨子「そっちの方が、かわいいと思うけど?」

花丸「本当ずら?」

梨子「ええ。でもそのずらは気をつけた方がいいかも……」

ルビィ「……」

花丸「ずら!」

ルビィ「……」

ダイヤ『ルビィ。気持ちを、強く持つのですよ』

ルビィ「……どういう意味だろう」

花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「?」

花丸「マルがずらって言いそうになったら、止めてね?」

ルビィ「……うん」

 

曜「遅いなー……」

善子「フフフ……」

曜「……」

善子「天つ雲居の彼方から堕天したるこの私が、魔都にて冥府より数多のリトルデーモンを召喚しましょう……」

「ねえねえ、あれなに?」

「しっ見ちゃダメ」

曜「……ものすごく注目されてるんですけど……」

「「「くっくっく」」」

千歌「善子ちゃんも」

ルビィ「やってしまいましたね」

善子「っ!」

花丸「善子ちゃんもすっかり堕天使ずらー」

善子「ぐぬぬぬ……」

曜「みんな遅いよー!」

善子「善子じゃなくて――」

「「「!?」」」

善子「ヨハネ!」

周りが逃げ出す

「こっち来なさい!」

善子「せっかくのステージ!溜まりに溜まった堕天使キャラを解放しまくるの!」

「「「「お、おう……」」」」

 

志満「梨子ちゃん」

梨子「はい」

志満「みんな、あんまり東京に慣れてないからよろしくね」

梨子「……はい」

「千歌ー!」

千歌「あ、むっちゃん!」

「イベント、頑張ってきてね!」

「これ、クラスみんなから」

千歌「わぁ、ありがとう!」

「それ食べて、浦女のすごいところ見せてやって!」

千歌「(真剣な表情)……うん!頑張る!」

「いってらっしゃーい!」

千歌「いってきまーーす!!!」

 

 

千歌「次の電車、どっち?」

曜「えーっと、こっち?」

善子「感じる……魔都の波動を……」

花丸「美味しいずらー」

善子「雰囲気こわれる!」

千歌「うわぁ~……!」根府川駅から国府津の海を見る

 

 

善子「フフ……」

「お願いします!」

善子「フフ……」

「はいいくよー」

善子「ここが、遍く魔の者が闊歩すると言い伝えられる約束の地……魔都、東京」

千歌「うわぁ~、見てみて!ほらあれ、スクールアイドルの広告だよね!?」

曜「はしゃいでると、地方から来たって思われちゃうよ」

ルビィ「そ、そうですよね……慣れてますーって感じにしないと」

千歌「そっか……うん!」

千歌「ほっほっ、ほんと原宿っていっつもこれだからマジやばくなーい?ほーっほっほっほ!」

「ふふ、かわいいわね」

曜「千歌ちゃん」

梨子「ここ、アキバ……」

千歌「てへぺろ!」

ルビィ「あれぇ?」

花丸「うわあぁあぁ~……未来ずら、未来ず――!」

ルビィ「」肩ポン

花丸「――ふぅ」

ルビィ「……あれ、みんなは?」

 

千歌「かがやく~~!!」

千歌「缶バッジもこんなに種類がある!あ、あぁ、このポスター見るの初めて!」

曜「あっ、かわいい!」

梨子「時間なくなるわよー?」

善子「あれ?花丸とルビィは?」

梨子「?」

善子「!」

黒魔術ショップ堕天使

善子「……堕天使……」ゴクリ

曜「♪~……?」

制服専門店

曜「……制服……100種類以上……!?」ゴクリ

千歌「さぁ、じゃあみんなで明日のライブの成功を祈って、神社の方に……!」

梨子「……」

千歌「……あれ?」

 

千歌「うん、うん!大きなビルの下!見えない?」

ルビィ「あぁ、いました!」

花丸「すみませ~ん!」

千歌「善子ちゃんと曜ちゃんは?」

梨子「2人とも場所はわかるから、もう少ししたら行くって」

千歌「もう少しって?」

梨子「さぁ……」

千歌「もう!みんな勝手なんだから!」

梨子「しょうがないわね……」

梨子「……?」

新作同人誌

梨子「――はっ!?壁……クイ……!?」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「!?な、なんでもない!!」

千歌「なにが?」

梨子「い、いえ……!わ、私、ちょっとお手洗い行ってくるねー!」

千歌「ええぇぇええー!!?」

 

 

千歌「もう、時間無くなっちゃったよー。せっかくじっくり見ようと思ったのに……」

梨子「……!!」同人誌を背中に隠す

善子「な、なによ!だから言ってるでしょ、これはライブのための道具なの!」

千歌「はぁ……そんな格好して……」

曜「だって、神社に行くって言ってたから!似合いますでしょうか!」

千歌「……敬礼は違うと思う」

 

千歌「――ここだ」

ルビィ「これが、μ'sがいつも練習していたって階段……!」

千歌「……うん……!」

千歌「……登ってみない?」

梨子「そうね」

千歌「よーし!じゃあみんな行くよー!よーい!」

「「うぇぇ!?」」「待ちなさいよー!」

千歌(……μ'sが登ってたんだ……!ここを……!)

千歌(……ラブライブを、目指して……!)

千歌「――はぁ、はぁ、はぁ……」

♪~

千歌「……?」

Saint Snow「♪~」

千歌「……!」

Saint Snow「……」

千歌「……あ」

Saint Snow「……フフ」

 

Bパート

 

聖良「こんにちは」

千歌「こ、こんにちは」

梨子「千歌ちゃん?」

善子「まさか、天界勅使?」

聖良「あら?あなたたちもしかして、Aqoursのみなさん?」

千歌「うそ、どうして……」

善子「この子、脳内に直接……!」

花丸「マルたち、もうそんなに有名人?」

ルビィ「……!ピギィ!」

聖良「……PV、見ました。素晴らしかったです」

千歌「あ、ありがとうございます!」

聖良「もしかして……明日のイベントでいらしたんですか?」

千歌「はい」

聖良「そうですか。楽しみにしてます」

理亞「――!」

梨子「!?」

曜「!?」

よしまるびぃ「!?」

理亞「……」

聖良「……では」

理亞「……」

ルビィ「……すごいです」

花丸「東京の女子高生って、みんなこんなにすごいずら?」

善子「あったりまえでしょ!東京よ、東京!」

千歌「……歌、綺麗だったな……」

 

 

花丸「ふぅぅ~、落ち着くずら~」

梨子「気に入ってくれたみたいでうれしいわ」

曜「なんか、修学旅行みたいで楽しいね!」

ルビィ「あはは……」

善子「堕天使ヨハネ、降臨!やばい……かっこいい……!」

花丸「ご満悦ずら」

善子「あんただって、東京のお菓子でご満悦のくせに!」

梨子「降りなさい!」

善子「ううっ……」

花丸「お土産に買ったけど、夜食用にもまだ別に取ってあるず……ん……?」

曜「ほえ?」

梨子「旅館のじゃなかったの?」

花丸「マルのバックトゥザピヨコ饅頭ーー!!」

ルビィ「花丸ちゃん、夜食べると太るよ?」

善子「静かにして!集中できないでしょ!」

花丸「もういいずら、食べちゃうずら!はむっ」

ルビィ「……それより、そろそろ布団敷かなきゃ……っおっとっとっ……ピギィ!?」

千歌「――ねえ!今、旅館の人に聞いたんだけ……ど……あれ?」

 

曜「音ノ木坂って、μ'sの?」

千歌「うん、この近くなんだって。梨子ちゃん?」

梨子「?」

千歌「今からさ、行ってみない?」

梨子「え……?」

千歌「みんなで!」

「「「え?」」」

千歌「私、一回行ってみたいって思ってたんだ!μ'sが頑張って守った高校、μ'sが練習していた学校!」

梨子「……」

ルビィ「ルビィも行ってみたい!」

曜「私も賛成!」

花丸「東京の夜は物騒じゃないずら?」

善子「な、なに?怖いの?(Is it scary?)」

花丸「善子ちゃん、震えてるずら……」

梨子「ごめん、私はいい……」

「「「え?」」」

梨子「先に寝てるから、みんなで行ってきて」

「「「……」」」

千歌「梨子ちゃん……」

曜「……やっぱり、寝よっか」

ルビィ「……そうですね、明日ライブですし」

千歌「……」

 

 

梨子「……」

梨子「?」

善子「……スティグマ天使……」

梨子「……」

千歌「……眠れないの?」

梨子「……千歌ちゃんも?」

千歌「うん、なんとなく」

梨子「……ごめんね、なんか空気悪くしちゃって」

千歌「ううん、こっちこそ……ごめん」

梨子「……」

梨子「……音ノ木坂って、伝統的に音楽で有名な高校なの」

梨子「私、中学の頃ピアノの全国大会行ったせいか、高校では結構期待されてて」

千歌「……そうだったんだ」

梨子「音ノ木坂が嫌いなわけじゃないの。ただ、期待に応えなきゃって……いつも練習ばかりしてて」

梨子「……でも結局、大会では上手く行かなくて」

千歌「期待されるって、どういう気持ちなんだろうね」

梨子「え?」

千歌「沼津出る時、みんな見送りに来てくれたでしょ?」

のっぽパンの辺りの回想

千歌「みんなが来てくれて、すごいうれしかったけど……実はちょっぴり怖かった」

千歌「『期待に応えなくちゃ』って、『失敗できないぞ』って」

梨子「千歌ちゃん……」

千歌「……ごめんね。全然関係ない話して」

梨子「……ううん、ありがとう」

千歌「え?」

梨子「……寝よ。明日のために」

千歌「……うん!」

 

 

千歌「……」

千歌「……」

 

千歌「……」

千歌「……よし」

 

千歌「……はっ、はっ、はっ……」

千歌「……ふぅ」

UTXモニター

千歌「わぁ……!」

千歌(……ここで初めて見たんだ。スクールアイドルを……μ'sを……!)

曜「千歌ちゃん!」

千歌「?」

「「「はぁ……はぁ……」」」

曜「やっぱり、ここだったんだね!」

千歌「……みんな……」

梨子「練習行くなら声かけて?」

善子「1人で抜け駆けなんてしないでよね!」

花丸「帰りに神社でお祈りするずらー!」

ルビィ「だね!」

千歌「うん!」

千歌「?」

「「「「「?」」」」

LoveLive! School idol project

千歌「……ラブ、ライブ……」

ルビィ「ラブライブ!今年のラブライブが発表になりました!」

ENTRY START AKIBA DOME

曜「ついに来たね」

梨子「どうするの?」

千歌「……もちろん出るよ!」

千歌「μ'sがそうだったように、学校を救ったように!」

千歌「さあ、行こう!今、全力で輝こう!」

「「「「「「Aqours!サンシャイン!!」」」」」」

 

 

千歌「ランキング?」

「えぇ。会場のお客さんの投票で、出場するスクールアイドルのランキングを決めることになったのー!」

曜「上位に入れば、一気に有名になるチャンスってことですか?」

「まぁ、そうだね!Aqoursの出番は2番目!元気にはっちゃけちゃってね!」

千歌「2番……」

梨子「前座ってことね……」

ルビィ「仕方ないですよ、周りは全部ラブライブの決勝に出たことがあるグループばかりですから」

花丸「そうずらか……」

千歌「でも、チャンスなんだ。頑張らなきゃ」

 

 

曜「緊張してる?」

梨子「そりゃあね……」

曜「じゃあ、私と一緒に敬礼!おはヨーソロー!」

梨子「お、おはヨーソロー……」

曜「よくできました!緊張が解けるおまじないだよ!」

花丸「ルビィちゃん」

曜「?」

ルビィ「……やっぱり無理です……!」

花丸「……ルビィちゃん。ふんばるビィ、ずら」

善子「堕天使の神気を以って、天界を穿つ時が来たのです」

千歌「ダメダメ、弱気になっちゃ」

Aqoursのみなさーん、お願いしまーす!」

 

ルビィ「す、すごい人です……」

善子「だっ、だ、だ、大丈夫よ!」

千歌「……ふふっ」

Saint Snow「……」

千歌「……!」

聖良「……よろしくお願いしますね」

千歌「……スクールアイドル、だったんですか」

聖良「あれ、言ってませんでしたっけ」

聖良「私は、鹿角聖良」

理亞「……」

聖良「理亞」

理亞「……」

聖良「見てて、私たち――Saint Snowのステージを」

 

ED

6話写経

花丸「前回の!」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」」

善子『みんな一緒に堕天しましょ?』

花丸「堕天使キャラをどうしても忘れられない善子ちゃん」

千歌『これだよ!』

花丸「千歌ちゃんはAqoursを堕天使スクールアイドルとして特徴を出そうと提案」

ダイヤ『破廉恥というのですわ!!!』

花丸「でもやめなきゃいけないことになって――」

善子『高校生にもなって通じないよ』

花丸「そんな善子ちゃんに、千歌ちゃんは――」

千歌『自分が一番好きな姿を、輝いてる姿を見せることなんだよ!』

花丸「そして――」

 

 

ダイヤ「どういうことですの!?」

鞠莉「……書いてある通りよ。沼津の高校と統合して、浦の星女学院は廃校になる。わかっていたことでしょう?」

ダイヤ「それは……そうですけど」

鞠莉「ただ、まだ決定ではないの。まだ待ってほしいと、私が強く言ってるからね」

ダイヤ「鞠莉さんが?」

鞠莉「何のために、私が理事長になったと思っているの?」

鞠莉「……この学校は失くさない。私にとって、どこよりも……大事な場所なの」

(幼少期の噴水前の記憶)

ダイヤ「……方法はあるんですの?入学者はこの2年、どんどん減っているんですのよ」

鞠莉「だからスクールアイドルが必要なの」

ダイヤ「鞠莉さん……」

鞠莉「あの時も言ったでしょう、私は諦めないと。今でも決して、終わったとは思っていない」手を差し出す

ダイヤ「……」

ダイヤ「……わたくしは、わたくしのやり方で廃校を阻止しますわ」

鞠莉「……ほんと、ダイヤは好きなのね……果南が」

 

OP

 

善子「そ、そうよねー!マジ、ムカつくー、よねー?よねー……?よね……?」

「だよねー!」「じゃーねー」

善子「またねー!」

「善子ちゃん面白いよね」「ほんと」

善子「……つかれた」

善子「たはー……普通って難しい……」

花丸「無理に普通にならなくてもいいと思うずらー……よ!」

善子「ぎらん!」

善子「深淵の深き闇から……ヨハネ、堕天!――っは!?」

花丸「やっぱり善子ちゃんはそうじゃないと」

ルビィ「大変、大変だよ!」

花丸「どうしたの?」

ルビィ「大変!学校が――!」

「「「「「統廃合!!?」」」」」

ルビィ「……そうみたいです」

ルビィ「沼津の学校と合併して、浦の星女学院は無くなるかもって……」

曜「そんなぁ!?」

梨子「いつ!?」

ルビィ「それは、まだ……一応、来年の入学希望者の数を見て、どうするか決めるらしいんですけど……」

「「「「「……」」」」」

千歌「…………廃校?」

ようりこ「え?」

千歌「来た!ついに来た!!!」

千歌「統廃合ってつまり廃校ってことだよね!?学校のピンチってことだよね!?」

曜「千歌ちゃん?」

梨子「まあそうだけど……」

曜「なんだか、心なしかうれしそうに見えるけど……」

千歌「だって――!!」

千歌「廃校だよーー!!音ノ木坂と、一緒だよー!!!」

「「「「「!?」」」」」

千歌「これで舞台は整ったよ!私たちが学校を救うんだよー!」

善子「!?」

千歌「そして輝くの!あの、μ'sのように!!っふぅ!」

善子「……」

曜「……」

梨子「そんな簡単にできると思ってるの……」

ルビィ「花丸ちゃんはどう思う?」

花丸「…………統廃合~~!?」

ルビィ「こ、こっちも!」

花丸「が、合併ということは沼津の高校になるずらね!?あの街に通えるずらよね!?」

ルビィ「ま、まぁ……」

花丸「ぅうわぁあぁ~~~!!!」

善子「相変わらずね、ずら丸。昔からこんな感じだったし」

曜「そうなの?」

花丸『ずら~~~!未来じゅら~~~!』

善子『えぇ……?』

曜「そうだったんだ……」

ルビィ「善子ちゃんはどう思う?」

善子「そりゃ統合した方がいいに決まってるわ!私みたいな流行に敏感な生徒も集まってるだろうし!」

花丸「よかったずらね~!中学の頃の友達に会えるずら~!」

善子「統廃合絶対反対~~~!!!!」

ルビィ「あはは……」

千歌「とにかく、廃校の危機が学校に迫っているとわかった以上、Aqoursは学校を救うため――行動します!えへっ」

曜「ふふっ、ヨーソロー!スクールアイドルだもんね!」

梨子「でも、行動って何するつもり?」

千歌「……」

千歌「……へ?」

「「「「「え?」」」」」

 

 

千歌「結局、μ'sがやったのはスクールアイドルとしてランキングに登録して……」

千歌「……ラブライブに出て、有名になって……」

千歌「……生徒を集める」

曜「それだけなの?」

千歌「みたい……。あとは……」

 

 

ダイヤ「はぁ……そもそも受験人数が減っているんですのね……」

コンコン

ダイヤ「はい」

ルビィ「……お姉ちゃん?」

ダイヤ「どうしたんですの?」

ルビィ「実は、今日もちょっと遅くなるかもって……」

ダイヤ「今日も?」

ルビィ「うん、千歌ちゃんが入学希望者を増やすために、PV作るんだって言ってて」

ダイヤ「……」

ルビィ「……ぅぅ」

ダイヤ「……わかりましたわ」

ルビィ「――!」

ダイヤ「お父様とお母様に言っておきますわ」

ルビィ「いいの!?ほんとに!?」

ダイヤ「ただし、日が暮れる前には戻ってきなさい」

ルビィ「うん!じゃあ、行ってくる!」

ダイヤ「……どう?スクールアイドルは」

ルビィ「……!」

ルビィ「……大変だけど、楽しいよ」

ダイヤ「……そう」

ルビィ「……他の生徒会の人は?」

ダイヤ「みんな他の部と兼部なので忙しいのですわ」

ルビィ「……そう……」

ルビィ「……」

ルビィ「……お姉ちゃ――」

ダイヤ「早く行きなさい」

ルビィ「っ……」

ダイヤ「遅くなりますわよ」

ルビィ「……」

 

 

梨子「内浦のいいところ?」

千歌「そう!東京と違って、外の人はこの町のこと知らないでしょ?だからまずこの町のいいところを伝えなきゃって!」

善子「それでPVを?」

千歌「うん!μ'sもやってたみたいだし、これをネットで公開して、みんなに知ってもらう――」

花丸「知識の海ずら~」

千歌「――というわけで!ひとつよろしく!」

花丸「わぁ!?いや、マ、マルには無理ず、いやぁ、無理」

ルビィ「……!……ピギッ!」

曜「?あれ?」

善子「――見える!あそこーーー……よっ!」

「「「?」」」

ルビィ「違いますぅー!べーっ!」

曜「さっ」

ルビィ「ピギィッ!?」

千歌「おおー、なんだかレベルアップしてる!」

梨子「そんなこと言ってる場合!?」

花丸『』カット

千歌『どうですかー!?この雄大な富士山!!』

梨子『』カット

千歌『それと、この綺麗な海!』

ルビィ『』カット

千歌『さらに、みかんがどっさり!』

千歌『そして町にはー!……えっと、町には…………特に何もないです!』

曜「……それ言っちゃダメ」

千歌「うぅーん、じゃあ……」

曜『バスでちょっと行くと、そこは大都会!』

曜『お店もたーくさんあるよー!』

千歌『……そしてー……!ちょっとぉー……!』

梨子『……自転車で……!坂を越えると……はぁ……!そこには、伊豆長岡の、商店街が……!』

花丸「全然……ちょっとじゃない……」

ルビィ「沼津に行くのだって……バスで500円以上かかるし……!」

善子「…………いい加減にしてよ……」

千歌「うーん……じゃあ……」

善子『うふふ……ふふ……リトルデーモンのあなた、堕天使ヨハネです。今日は、このヨハネが堕ちてきた地上を紹介してあげましょう』

善子『まず、これが……土!!あーっはっはっは!!』

花丸「やっぱり善子ちゃんはこうでないと」

善子「うぇぇ……」

曜「……根本的に考え直した方がいいかも」

千歌「そーお?面白くない?」

梨子「面白くてどうするの!」

ルビィ「あははは……」

 

 

「はーい、おまちどおさま。こんなに大人数なんて珍しいわね。ごゆっくり」

善子「……」

善子「……どうして喫茶店なの?」

ルビィ「もしかして、この前騒いで家族の人に怒られたり……」

千歌「ううん、違うの。梨子ちゃんがしいたけいるなら来ないって」

梨子「行かないとは言ってないわ!ちゃんと繋いでおいてって言ってるだけ」

千歌「いや、でも……」

曜「ここら辺じゃ、家の中だと放し飼いの人の方が多いかも」

梨子「そんな……」

ワン!

梨子「またまた……」

ワン!

ルビィ「わぁ~!」

梨子「……!!!」

千歌「こんなに小さいのに!?」

梨子「大きさは関係ないの!そのキバ!」

梨子「……そんなので噛まれたら……死!!!」

千歌「噛まないよ……ねー、わたちゃん」

梨子「あ、危ないわよ!そんな顔近づけたら……!」

千歌「そうだ!わたちゃんで少し慣れるといいよ!」

梨子「は……!!」

ペロリ

梨子「あぁあぁ!!!」

曜「梨子ちゃーん!」

梨子「話は聞いてるから!早く進めて!」

千歌「しょうがないなあ……できた?」

善子「簡単に編集しただけだけど……お世辞にも、魅力的とは……言えないわね」

ルビィ「やっぱりここだけじゃ難しいんですかね……」

千歌「うーん……」

千歌「……じゃあ沼津の賑やかな映像を混ぜて――」

千歌『これが私たちの街です!』

梨子「そんなの詐欺でしょ!」

千歌「なんでわかったの!?」

ルビィ苦笑い、花丸どら焼きを頬張る

曜「だんだん行動パターンがわかってきているのかも……」

曜「?」

千歌「そっか……」

曜「うわぁ!終バス来たよ!」

善子「うそーっ!」

 

善子「ふふふ、ではまた」

曜「ヨーシコー!」

善子「うっ」

千歌「結局何も決まらなかったなぁ……」

ルビィ「~~!!こんな時間!!失礼します!!ほら花丸ちゃん、口にあんこついてるよ!」

花丸「~~~」

千歌「意外と難しいんだなぁ、いいところを伝えるのって」

梨子「住めば都。住んでみないと分からない良さも、たくさんあると思うし」

千歌「うん。でも、学校が無くなったらこういう毎日も無くなっちゃうんだよね……」

梨子「そうね……」

千歌「スクールアイドル、頑張らなきゃ」

梨子「今更?」

千歌「だよね。でも……今、気がついた。無くなっちゃダメだって」

千歌「……私、この学校好きなんだ」

梨子「!……ふふ。うん!」

 

 

鞠莉「……」

鞠莉「来るなら来ると先に言ってよ。勝手に入ってくると家の者が激おこぷんぷん丸だよ?」

果南「……廃校になるの?」

鞠莉「ならないわ。でも、それには力が必要なの」

復学届

鞠莉「だからもう一度、果南の力がほしい」

果南「……」

果南「……本気?」

鞠莉「……私は果南の、ストーカーだから」

果南「……」

 

Bパート

 

鞠莉「……」

千歌「……!」ゴクリ

ルビィ『以上、がんばルビィ!こと、黒澤ルビィがお伝えしました!』201607

千歌「どうでしょうか?」

鞠莉「……」

鞠莉「zzz……っは!?」

「「「「「」」」」」ガクッ

千歌「もう!本気なのに、ちゃんと見てください!」

鞠莉「本気で?」

千歌「はい!」

鞠莉「……それでこのテイタラークですか?」

千歌「テイタラク?」

曜「それは、さすがにひどいんじゃ……」

梨子「そうです!これだけ作るのがどれだけ大変だったと思ってるんで――」

鞠莉「努力の量と結果は比例しません!」

鞠莉「大切なのはこのtownやschoolの魅力を、ちゃんと理解してるかです!」

ルビィ「それってつまり……」

花丸「私たちが理解してないということですか?」

善子「じゃあ理事長は、魅力が分かってるってこと?」

鞠莉「……少なくとも、あなたたちよりは」

鞠莉「……聞きたいですか?」

千歌「……!」

 

 

梨子「どうして聞かなかったの?」

千歌「なんか……聞いちゃダメな気がしたから」

善子「何意地張ってんのよ」

千歌「意地じゃないよ」

善子「?」

千歌「それって大切なことだもん。自分で気付けなきゃ、PV作る資格ないよ」

梨子「……そうかもね」

千歌「……!」

曜「ヨーソロー!じゃあ、今日は千歌ちゃん家で作戦会議だ!」

梨子「!?」

曜「喫茶店だってタダじゃないんだから、梨子ちゃんもがんばるビィして!」

梨子「はぁ……」

千歌「ふふっ、あははは!」

千歌「よーし!……あ、忘れ物した」

「「「「こけっ」」」」ガクッ

千歌「ちょっと部室見てくるー!」

梨子「もう……」

 

千歌「ふふっ、えへへ」

千歌「……?」

ダイヤ「――」

千歌「……!!」

ダイヤ「――」

千歌「」パチパチ

ダイヤ「……?」

千歌「すごいです!私、感動しました!」

ダイヤ「な、なんですの!?」

千歌「ダイヤさんがスクールアイドルが嫌いなのは分かってます」

千歌「でも、私たちも学校続いてほしいって、無くなってほしくないって思ってるんです」

千歌「……一緒にやりませんか?スクールアイドル!」

ルビィ「お姉ちゃん……」

ダイヤ「……」

ダイヤ「残念ですけど……ただ、あなたたちのその気持ちは、うれしく思いますわ。お互い頑張りましょう」

ルビィ「……」

曜「……ルビィちゃん、生徒会長って前は、スクールアイドルが……」

ルビィ「はい、ルビィよりも大好きでした……」

千歌「……!」

ルビィ「――!!!」

千歌「!?」

ルビィ「今は言わないで……!」

千歌「……ルビィちゃん……」

ルビィ「……ごめんなさい」

 

 

ダイヤ「……」

(2年前のライブの回想)

鞠莉「ダイヤ、逃げていても、何も変わりはしないよ?」

鞠莉「進むしかない、そう思わない?」

ダイヤ「逃げてるわけじゃありませんわ。あの時だって……」

鞠莉「……ダイヤ?」

ダイヤ「……」

鞠莉「……」

 

 

梨子「……」

曜「しいたけいないよ!ね、千歌ちゃん!」

善子「……」

ルビィ「……」

花丸「……」

善子「それよりもPVだよ、どうすんの?」

花丸「確かに何も思いついてないずら……」

梨子「それはそうだけど……」

志満「あら、いらっしゃい」

志満「みんなで相談?」

梨子「はい」

志満「いいけど、明日みんな早いんだから、今日はあんまり遅くなっちゃダメよ?」

「「「「はーい」」」」

梨子「明日朝早いの?」

曜「さあ、何かあったかな……」

千歌「海開きだよ!」

曜「あれ!?千歌ちゃん!」

梨子「じゃあ……!」

しいたけ「ワン!」

 

 

梨子「ふわぁぁ~……」

千歌「おーい!梨子ちゃーん!」

曜「おはヨーソロー!」

梨子「おはよう」

千歌「梨子ちゃんの分もあるよ」

曜「こっちの端から、海の方に向かって拾っていってね」

梨子「……」

梨子「……曜ちゃん」

曜「?なに?」

梨子「毎年、海開きってこんな感じなの?」

曜「うん、どうして?」

ルビィ、花丸、善子

梨子「この町って、こんなにたくさん人がいたんだ……」

ダイヤ、果南

曜「うん!町中の人が来てるよ。もちろん、学校のみんなも!」

鞠莉→ダイヤ、果南に近づく

梨子「そうなんだ……」

梨子「……」

梨子「……!これなんじゃないかな、この町や学校のいいところって」

千歌「……そうだ!」

果南「?」

鞠莉「?」

ダイヤ「?」

善子「?」

花丸「?」

ルビィ「?」

千歌「……ふぅ」

千歌「……あのー!みなさん!」

千歌「私たち、浦の星女学院でスクールアイドルをやっている、Aqoursです!」

千歌「私たちは、学校を残すために、ここに生徒をたくさん集めるために、みなさんに協力してほしいことがあります!」

千歌「――みんなの気持ちを形にするために!」

夢で夜空を照らしたい

鞠莉、少し驚いた表情 果南、見守る ダイヤ、口を少し開けて見惚れる?

 

千歌「――私、心の中でずっと叫んでた」

千歌「『助けて』って、『ここには何もない』って」

千歌「でも、違ったんだ!」

千歌「……追いかけてみせるよ!ずっと、ずっと……!」

曜だけ驚いた顔

千歌(――この場所から始めよう!できるんだ!)

 

ED

5話写経

ルビィ「前回の!」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」」

ルビィ「千歌さんからスクールアイドルの誘いを受けた花丸ちゃんと私」

千歌『2人が歌ったら絶対キラキラする!』

ルビィ「アイドルに興味がありながら、お姉ちゃんのことを気にする私のために、花丸ちゃんは――」

花丸『スクールアイドルになりたいんでしょ?』

花丸『だったら、前に進まなきゃ』

ルビィ「そして、花丸ちゃんも」

千歌『一番大切なのはできるかどうかじゃない、やりたいかどうかだよ!』

ルビィ「こうしてAqoursは、5人になった!」

 

 

善子「感じます。精霊結界の損壊により、魔力構造が変化していくのが」

(カワエエ)(堕天使様ーー)(楽しかったよ~)(また会いに来ます)(ヨハネ最高ううううう)(あやしすぎる)(今日もよかった)

善子「世界の趨勢が、天界議決により決して行くのが」

善子「かの約束の地に降臨した、堕天使ヨハネの魔眼が、その全てを見通すのです!」

善子「全てのリトルデーモンに授ける――堕天の力を!」

放送終了いたしました。

善子「…………フフ」

善子「……やってしまったぁあぁぁー!!!」

善子「何よ堕天使って!ヨハネって何!!?」

善子「リトルデーモン!?サタン!?いるわけないでしょう!?!?そんなもーーん!!!」

善子「もう高校生でしょ!?津島善子!!いい加減卒業するの!!」

善子「そう、この世界はもっとリアル。リアルこそが正義!」

善子「リア充にぃーーー、私はなる!!」

善子『堕天使ヨハネと契約して、あなたも私のリトルデーモンに……なってみない?』

善子「ぅはぁぁあなんであんなこと言ったのよぉ~~!学校行けないじゃな~い!」

 

OP

 

曜「ううぅ~ん……今日も上がってない……」

梨子「昨日が4856位で、今日が4768位」

曜「まあ、落ちてはないけど……」

ルビィ「ライブの歌は評判いいんですけど……」

千歌「それに新加入の2人もかわいいって!」

ルビィ「そうなんですか!?」

曜「特に、花丸ちゃんの人気がすごいんだよね!」

梨子「『花丸ちゃん応援してます』」

ルビィ「……♪」

花丸「……」

ルビィ「……?」

曜「『花丸ちゃんが歌ってるところ、早く見たいです』」

千歌「ね?ね?大人気でしょ?」

花丸「こ、これがパソコン!?}

曜「そこ!?」

花丸「もしかして、これが知識の海に繋がってると言う、インターネット……!?」

梨子「そうね……知識の海かどうかはともかくとして」

花丸「うわぁあぁ~!」

千歌「……花丸ちゃんパソコン使ったことないの?」

ルビィ「実は、お家が古いお寺で、電化製品とかほとんどなくて……」

曜「そうなんだ」

ルビィ「この前沼津行ったときも――」

花丸『こ、この蛇口、回すとこないずら』

水が出る

花丸『……ぅ、ぅわぁあ~!』

ハンドドライヤー

花丸『未来ずら!未来ずらよ、ルビィちゃん!』

ルビィ「――って」

花丸「触ってもいいですか!?」

千歌「もちろん」

花丸「うわぁあぁ……」

花丸「……?ずら!」

曜「うわっ」

千歌「あっ」

梨子「な、なにをしたの、いきなり」

花丸「え?あ……え?」

花丸「1個だけ光るボタンがあるなぁ、と思いまして……」

梨子「大丈夫!?」

曜「衣装のデータ、保存してたかなぁ……」

花丸「……マ、マル、何かいけないことしました……?」

千歌「はは……大丈夫、大丈夫……」

花丸「うぅっ……」

 

 

花丸「うわぁ~!こんなに弘法大師空海の情報が!?」

曜「うん。ここで画面切り替わるからね」

花丸「すごいずら~!」

梨子「もう、これから練習なのにー!」

曜「少しくらいいいんじゃない?」

千歌「それよりランキングをどうにかしないとだよね……」

ルビィ「毎年、スクールアイドル増えてますから」

千歌「しかもこんな何もない場所の――」

千歌「地味!アンド地味!アンド地味!……なスクールアイドルだし……」

梨子「あはは……やっぱり目立たなきゃダメなの?」

曜「人気は大切だよ」

千歌「何か目立つことか~……」

梨子「そうね~……」

梨子「たとえば、名前をもっともーっと奇抜なのに付け直してみるとか?」

千歌「奇抜って……スリーマーメイド?」

梨子「!?」

千歌「あ、ファイブだ!」

梨子「~~~!!///」

ルビィ「ファイブマーメイド……!」

千歌『私たちは――』

『『『ファイブマーメイドです!』』』

梨子「なんで蒸し返すの!?」

千歌「って、その足じゃ踊れない!」

梨子「~~!!」

ルビィ「じゃあ、みんなの応援があれば、足になっちゃうとか!」

千歌「わぁ、なんかいいその設定!」

曜「……でも代わりに、声が無くなるという……!」

千歌「ダメじゃん!」

梨子「だからその名前は忘れてって言ってるでしょ!?」

千歌「うわぁ~あぁ~あぁ~」

曜「悲しい話だよね~、人魚姫」

ルビィ「はい……」

花丸「……?」

梨子(ガヤ)「何を言ってるの!?だからそもそもあの名前はただの思いつきで……!」

千歌(ガヤ)「え、なんだっけ梨子ちゃん、な、スリー、スリーマーメイド……」

善子「なんでこんなところに先客が……!」

花丸「……善子ちゃん?」

善子「ずら丸!?……ささーっ……」

花丸「……?」

 

 

「コンビニ寄ってく~?」

善子「うぅ、いきなり屋上から堕天してしまった……」

花丸「学校来たずらか」

善子「うわぁあっ!?」

善子「……う、き、来たっていうか、たまたま近くを通りがかったから寄ってみたっていうか……」

花丸「たまたま?」

善子「どうでもいいでしょ!?そんなこと!!」

善子「……それより、クラスのみんな、なんて言ってる……?」

花丸「え?」

善子「私のことよ!『変な子だねー』とか!『ヨハネって何ー?』とか!『リトルデーモンだって!ぷふ!』とか!!」

花丸「はぁ……」

善子「そのリアクション、やっぱり噂になってるのね!そうよね、あんな変なこと言ったんだもん……終わった、ラグナロクよ……」

善子「……まさに、デッドオアアライブ!」引きこもる

花丸「それ生きるか死ぬかって意味だと思うずら」

花丸「……というか、誰も気にしてないよ」

善子「でしょー……?――え?」

花丸「ふふ、それより、みんなどうして来ないんだろうとか、悪いことしちゃったのかなって心配してて……」

善子「……ほんと?」

花丸「うん」

善子「ほんとうね?天界堕天条例に誓って、嘘じゃないわよね?」

花丸「?……ずら」

善子「――よっし!まだいける!まだやり直せる!今から普通の生徒で行ければ……!」

花丸「!?」

善子「ずら丸!」

花丸「!?な、なんずら……!?」

善子「――ヨハネたってのお願いがあるの」

 

 

「おはよー」「おっすー」

善子「……」

「……?」「……?」

善子(ふふ、見てる見てる。花丸の言ったとおり、みんな前のことは覚えてないようね)

善子(……よーし!)

善子「……おはよ?」

「「「お、おはよう……」」」

 

 

「雰囲気変わってたから、びっくりしちゃった」

「みんなで話してたんだよ?どうして休んでるんだろうって」

善子「ふふ、ごめんね。でも今日からちゃんと来るから、よろしく」

「こちらこそ!津島さんって……名前、なんだっけ?」

善子「え?」

「ひどいなー、あれだよー、あの……」

「なんだっけ?確か、よ、よ……よは……」

善子「っ!!」

善子「……よ・し・こ!私は津島善子だよ!」

「そ、そうだよね……」

善子「あ、あはは……」

ルビィ「津島さん、学校来たんだね」

花丸「ずら!マルがお願い聞いたずら」

ルビィ「お願い?」

花丸『監視?』

善子『そうなの。私、気が緩むとどうしても堕天使が顔を出すの。だから――』

花丸「――危なくなったら止めて、と」

ルビィ「堕天使が出ちゃう?」

善子「お、おほほ……ふぅ」

「津島さんって、趣味とかないの?」

善子「趣味?と、特に何も……」

善子(――いやこれは、クラスに溶け込むチャンス!?ここで上手く好感度を上げて――!)

善子「……う、占いをちょっと……」

「ほんとー!?私占ってくれる?」

「わたしもわたしも!」」

善子「いいよ!えぇーっと……あっ!今、占ってあげる、ね?」

「やったー!」

善子「……」バサッ

「――は?」

「――え」

善子「……これで、よし!」

善子「はい。火をつけてくれる?」

「……」「……」「……!?」

善子「――天界と魔界に蔓延る、あまねく精霊……煉獄に堕ちたる、眷属たちに告げます」

「……うぅ……」「……ひっ……!?」

善子「ルシファー、アスモデウスの洗礼者、堕天使ヨハネと共に!」

善子「――堕天のときが来たのです!」

「……」「……」

ルビィ「……!」

ルビィ「……?」

善子(やってしまったぁあぁぁー……!!!)

花丸「……」

 

 

善子「どうして止めてくれなかったのー!?せっかく上手く行ってたのにー!」

花丸「まさかあんなもの持ってきてるとは思わなかったずら……」

千歌「?」

梨子「どういうこと?」

ルビィ「ルビィもさっき聞いたんですけど――」

ルビィ「善子ちゃん、中学時代はずっと、自分は堕天使だと思いこんでたらしくて」

善子『天界より舞い降りしフォーリンエンジェル……堕天使ヨハネよ!みんな一緒に堕天しましょ?……ふふ』

ルビィ「まだその頃のくせが抜け切ってないって……」

善子「……わかってるの。自分が堕天使のはずなんてない、って……そもそもそんなものいないんだし」

梨子「だったら、どうしてあんなもの学校に持ってきたの?」

善子「……それは、まあ、ヨハネアイデンティティみたいなもので……あれがなかったら、私は私でいられないっていうか!――っは!?」

梨子「……なんか、心が複雑な状態にあるということは、よくわかった気がするわ」

ルビィ「ですね。実際今でもネットで占いやってますし……」

善子『――またヨハネと堕天しましょ?』

(千歌だけ目を輝かせる)

善子「――やめて!とにかく私は普通の高校生になりたいの!なんとかして!」

ルビィ「……」

花丸「ずら……」

千歌「……かわいい」

ルビィ「?」

花丸「?」

善子「え?」

千歌「――これだ!これだよ!」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「津島善子ちゃん!いや、堕天使ヨハネちゃん!」

善子「……!?」

千歌「――スクールアイドル、やりませんか!?」

善子「……………………なに?」

 

Bパート

 

梨子「こ、これで歌うの……!?この前より短い……」

梨子「これでダンスしたら、さすがに見えるわ……」

千歌「だいじょぶー!」

梨子「そういうことしないの!!」

梨子「……はぁ。いいのかなあ本当に……」

千歌「調べてたら堕天使アイドルっていなくて、結構インパクトあると思うんだよね」

曜「確かに、昨日までこうだったのが――」

梨子「……」

ルビィ「……」

花丸「……」

善子「……」

曜「――こう変わる……!」

ルビィ「うぅ……なんか恥ずかしい」

花丸「落ち着かないずら……」

梨子「……ねえ、本当に大丈夫なの?こんな格好で歌って……」

千歌「かわいいねー!!」

梨子「そういう問題じゃない」

善子「そうよ、本当にいいの?」

千歌「これでいいんだよ!ステージ上で堕天使の魅力をみんなで思いっきり振りまくの!」

善子「堕天使の、魅力……?」

善子「……っは!ダメダメ、そんなのドン引かれるに決まってるでしょ!?」

千歌「大丈夫だよ!きっと――」

善子『天界からのドロップアウター……堕天使ヨハネ!堕天、降臨!!』

千歌「――わぁぁ……!」

善子「――大人気……!フフ……フフフ……」

千歌だけ目を輝かせる

ルビィ「協力、してくれるみたいです……」

梨子「しょうがないわねえ……」

 

美渡「よーしよーし、いい子だねー。……あ、来てたんだ」

しいたけ「……」

梨子「……!!」

しいたけ「……」

梨子「……!!!!」

 

梨子「ぃいやぁああー!!!!」

美渡「こら、しいたけー!」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「やめてー!!来ないでー!!!」

千歌「大丈夫?しいたけは大人し――ぶっ」

梨子「~~~!!!」

しいたけ「!!」

千歌「梨子ちゃん!?」

梨子「とおりゃあああーーー!!!」

「「「「「……おぉ、飛んだ……」」」」」

しいたけ「わん!」

梨子「――っ!」

「「「「「おぉ~!」」」」」

梨子「うぅぅ……!」

「おかえり……」

梨子「……ただいま……」

 

 

千歌「じゃあ、衣装よろしくね」

曜「ヨーソロー!」

花丸「じゃあマルたちも」

ルビィ「失礼します」

千歌「うん、じゃあねー!」

梨子「あいたたたた……」

千歌「あはは」

梨子「笑い事じゃないわよ!今度から絶対繋いでおいてよ!?」

千歌「はいはい、ふふふふ」

梨子「もう、人が困っているのがそんなに楽しい?」

千歌「違う違う、みんないろいろ個性があるんだなーって」

梨子「え?」

千歌「ほら、私たち始めたはいいけど……やっぱり地味で、普通なんだなーって思ってた」

梨子「そんなこと思ってたの?」微笑みつつ

千歌「そりゃ思うよー。一応言い出しっぺだから、責任はあるし……」

千歌「……かと言って、今の私にみんなを引っ張っていく力はないし」

梨子「……千歌ちゃん……」

千歌「でも、みんなと話して少しずつみんなのこと知って、全然地味じゃないって思ったの」

千歌「それぞれ特徴があって、魅力的で……だから、大丈夫じゃないかなって!」

梨子「……やっぱり変な人ね」

千歌「えぇ!?」

梨子「初めて会ったときから思ってたけど」

千歌「なーに?褒めてるの?けなしてるの??」

梨子「どっちも?」

千歌「なーにわかんないよー!」

梨子「とにかく、頑張っていこうってこと。地味で普通のみんなが集まって、何ができるか。ね?」

千歌「……よくわからないけど……ま、いっか」

梨子「ふふっ、うちまで競争!」

千歌「えっあっずるいー!ちょっと!あ、しいたけ!」

梨子「え!?」

千歌「うっそー!あははは!」

 

 

善子「はぁい!伊豆のビーチから登場した、待望のニューカマー、ヨハネよ!」

善子「みんなで一緒にー……堕天しない?」

「「「「「しない?」」」」」

梨子「…………やってしまった」

千歌「どう?」

曜「待って、今……」

千歌「!?うそ……一気にそんなに……!?」

梨子「じゃあ効果あったってこと?」

ルビィ「コメントもたくさん!すごい!」

(私は真ん中の子かな)(梨子ちゃん(ぼそっ))(花丸ちゃんかわいいぃぃぃ)(曜ちゃんかな)(みんなカワイイ、それでいいじゃない)

曜「『ルビィちゃんと一緒に堕天する!』」

花丸「『ルビィちゃん最高!』」

梨子「『ルビィちゃんのミニスカートがとてもいいです』……」

千歌「『ルビィちゃんの、笑顔を……』」(補完:ずっと眺めてたい)

ルビィ「いや~、そんな~」

 

ルビィ『ヨハネさまのリトルデーモン4号、く、黒澤ルビィです。一番小さい悪魔……かわいがってね!』

ダイヤ「……💢💢」

鞠莉「Oh!Pretty Bomber Head!」

ダイヤ「Pretty……!?どこがですの……!?」

ダイヤ「こういうものは……破廉恥というのですわ!!!」

千歌「いやー……そういう衣装というか……」

曜「キャラというか……」

梨子「だから私はいいの?って言ったのに……」

ダイヤ「そもそも、わたくしがルビィにスクールアイドル活動を許可したのは、節度を持って自分の意志でやりたいと言ったからです!」

ダイヤ「こんな格好をさせて注目を浴びようなど――!」

ルビィ「……ごめんなさい、お姉ちゃん……」

ダイヤ「……とにかく、キャラが立ってないとか、個性が無いと人気が出ないとか……そういう狙いでこんなことするのはいただけませんわ!」

曜「でも、一応順位は上がったし……」

ダイヤ「そんなもの一瞬に決まってるでしょう?試しに今、ランキングを見てみればいいですわ!」

曜「ふぅ……あっ!?」

1525→1526

ダイヤ「本気で目指すのならどうすればいいか、もう一度考えることですね!」

千歌「は、はい……」

善子「……」

 

 

千歌「失敗したなぁ~……」

千歌「確かにダイヤさんの言うとおりだね、こんなことでμ'sになりたいなんて失礼だよね……」

ルビィ「千歌さんが悪いわけじゃないです……」

善子「そうよ」

「「「……」」」

善子「いけなかったのは、堕天使」

千歌「え?」

善子「やっぱり、高校生にもなって通じないよ」

千歌「それは……!」

善子「なんか、すっきりした。明日から今度こそ普通の高校生になれそう」

ルビィ「じゃあ、スクールアイドルは?」

善子「うーん……やめとく。迷惑かけそうだし。……じゃあ」

善子「……少しの間だけど、堕天使に付き合ってくれて、ありがとね。楽しかったよ」

 

梨子「……どうして、堕天使だったんだろう」

花丸「マル、わかる気がします」

花丸「ずっと、普通だったんだと思うんです」

花丸「私たちと同じで、あまり目立たなくて」

善子「……」羽根を手放す

花丸「そういうとき、思いませんか?これが本当の自分なのかなあって。元々は天使みたいにキラキラしてて、何かの弾みでこうなっちゃってるんじゃないかって」

ルビィ「……そっか」

梨子「確かにそういう気持ち、あった気がする」

千歌「……」

曜「……」

花丸「……幼稚園のころの善子ちゃん、いつも言ってたんです」

善子『わたし、ほんとうはてんしなの!いつかはねがはえて、てんにかえるんだ!』

花丸『ずら~~!』

花丸「――って」

千歌「…………」

 

 

善子「……」

善子「……これでよし」

 

善子「……」ダンボールを捨てる

善子「……」

千歌「――堕天使ヨハネちゃん」

善子「え……?」

「「「「「スクールアイドルに入りませんか?」」」」」

善子「…………はぁ……?」

千歌「ううん、入ってください、Aqoursに!堕天使ヨハネとして!」

善子「何言ってるの?昨日話したでしょ、もう――」

千歌「いいんだよ、堕天使で!自分が好きならそれでいいんだよ!」

善子「……ダメよ。……っ」

千歌「あ、待って!」

善子「生徒会長にも怒られたでしょう!?」

千歌「うん、それは私たちが悪かったんだよ!」

千歌「善子ちゃんはいいんだよ、そのまんまで!」

善子「どういう意味ー!?」

「!?」

善子「あっ!っすいません!」

善子「しつこーーーい!!!!」

千歌「私ね!どうしてμ'sが伝説を作れたのか、どうしてスクールアイドルがそこまで繋がってきたのか、考えてみてわかったんだ!」

善子「っ……!もう、いい加減にして~!」

千歌「……ステージの上で、自分の『好き』を迷わずに見せることなんだよ!」

善子「はぁ……はぁ……」

千歌「はぁ……はぁ……お客さんにどう思われるかとか、人気がどうとかじゃない」

千歌「自分が一番好きな姿を、輝いてる姿を見せることなんだよ!」

千歌「だから善子ちゃんは捨てちゃダメなんだよ!自分が堕天使を好きな限り!」

善子「……」

善子「……いいの?変なこと言うわよ」

曜「いいよ」

善子「ときどき、儀式とかするかもよ」

梨子「それくらい我慢するわ」

善子「リトルデーモンになれって言うかも!」

千歌「それは……でも、やだったらやだって言う!」

善子「っ……!」

千歌「……」羽根を差し出す

善子「……!」

千歌「――だから!」手を差し出す

善子「……」手を取る

千歌「――あははっ!」

善子「……ふふっ」

 

 

ダイヤ「鞠莉さん!」

鞠莉「どうしたのデースか?」

ダイヤ「あのメールはなんですの!!?」

鞠莉「何って、書いてあるとおりデース」

ダイヤ「そんな……」

鞠莉「……」

ダイヤ「……嘘でしょう?」

 

ED

4話写経

花丸(小さい頃から、すみっこで遊ぶ目立たない子だった)

花丸(運動も苦手だったし、学芸会では木の役で)

花丸(だから、だんだん1人で遊ぶようになっていった)

花丸(本を読むのが、大好きになっていった)

花丸(図書室はいつしか、マルの居場所となり)

花丸(そこで読む本の中で、いつも空想を膨らませていた)

花丸(読み終わったとき、ちょっぴり寂しかったけど)

花丸(それでも、本があれば大丈夫だと思った)

花丸『……?』

ルビィ『♪……!?///』

花丸『……♪』

花丸(その子は、黒澤ルビィ

花丸(マルの大切な友達)

 

OP

 

千歌「これでよし!」

梨子「それにしても、まさか本当に承認されるなんて!」

曜「部員足りないのにね」

千歌「理事長がいいって言うんだからいいんじゃないの?」

曜「いいって言うか――」

鞠莉『ショーーーニン!』

曜「――ノリノリだったけどね」

梨子「でも、どうして理事長は私たちの肩を持ってくれるのかしら?」

千歌「スクールアイドルが好きなんじゃない?」

梨子「それだけじゃないと思うけど……」

千歌「とにかく入ろうよ!」

 

ようちかりこ「「「うっ……」」」

千歌「う……」

曜「うわー……」

梨子「片付けて使えって言ってたけど……」

千歌「これぜんぶー!?はぁ……」

梨子「文句言っても誰もやってくれないわよ」

千歌「んもー……」

千歌「……?」

千歌「?なんか書いてある……」

梨子「歌詞、かな……」

曜「どうしてここに?」

千歌「わからない……」

千歌「それにしても……」

ルビィ「……!」

 

 

ルビィ「やっぱり、部室できてた!スクールアイドル部承認されたんだよ!」

花丸「よかったね~!」

ルビィ「うん!あぁ、またライブ見られるんだ……!……ピィ!?」

千歌「こんにちはー!」(梨子ちゃんだけ持ってる本の冊数が少ない)

千歌「あ、花丸ちゃん!……とぉ」

千歌「ルビィちゃん!」

ルビィ「ピギャァ!」

曜「よくわかったねー」

梨子「えぇ……」

千歌「へっへーん、ふふ」

ルビィ「……こ、こんにちは……」

千歌「かわいい……!!」

 

梨子「これ、部室にあったんだけど……図書室の本じゃないかな」

花丸「……あぁ、たぶんそうです。ありがとうございます」

千歌「スクールアイドル部へようこそ!!」

花丸「!?」

梨子「千歌ちゃん……」(曜ちゃん口を開けて驚く)

千歌「結成したし、部にもなったし、絶対悪いようにはしませんよ~?2人が歌ったら絶対キラキラする!間違いない!」

ルビィ「あ……え……でも……」

花丸「お、おら……」

千歌「?おら?」

花丸「あ……!い、いえ……マル、そういうの苦手っていうか……」

ルビィ「えぇっ……ル、ルビィも……」

花丸「……」眉をひそめる

曜「千歌ちゃん、強引に迫ったらかわいそうだよ?」

梨子「そうよ、まだ入学したばかりの1年生なんだし」

千歌「……そうだよね、あっはは、かわいいからつい……」

曜「千歌ちゃん、そろそろ練習」

千歌「あ、そっか。じゃあね」

 

ルビィ「……スクールアイドルか……」

花丸「やりたいんじゃないの?」

ルビィ「え?……でも……」

 

 

花丸「ダイヤさんが?」

ルビィ「うん、お姉ちゃん、昔はスクールアイドル好きだったんだけど」

ルビィ「一緒にμ'sの真似して、歌ったりしてた」

ルビィ「でも、高校に入ってしばらく経ったころ――」

ルビィ『~♪』

ダイヤ『……片付けて。それ、見たくない』

ルビィ『……!!』

花丸「そうなんだ……」

ルビィ「本当はね、ルビィも嫌いにならなきゃいけないんだけど……」

花丸「……どうして?」

ルビィ「お姉ちゃんが見たくないっていうもの、好きでいられないよ。それに……」

花丸「それに?」

ルビィ「…………花丸ちゃんは興味ないの?スクールアイドル」

花丸「マル!?ないない、運動苦手だし、おら、おらとか言っちゃうときあるし」

ルビィ「ふふ、じゃあルビィも平気」

花丸「…………」

 

 

「気持ちよかったね~!」

「魚綺麗だった~!」

果南「ありがとうございましたー!またよろしくお願いします!」

果南「……?」

鞠莉「やっぱりここは果南の方が安心できるな~!」

果南「……って、鞠莉!」

鞠莉「かなーん!シャイニー!!」

果南「……どうしたの、いきなり」

鞠莉「うふっ……スカウトに来たの」

果南「スカウト?」

鞠莉「休学が終わったら、スクールアイドル始めるのよ!浦の星で!」

果南「……本気?」

鞠莉「でなければ、戻ってこないよ」

果南「……!」

果南「――――!!」

鞠莉「……ふぅ」

鞠莉「相変わらず頑固親父だね……」

 

 

ルビィ「~♪」

ルビィ「……」

ルビィ『ルビィは花陽ちゃんかな~』

ダイヤ『わたくしは断然エリーチカ!生徒会長でスクールアイドル!クールですわぁ~』

ルビィ「……」

ルビィ「……」μ'sの特集を見つめる

ダイヤ「……」

 

 

花丸「μ's、かぁ……」

花丸「おらには無理ずら……」

花丸「……?」

花丸「……はぁ……」凛ちゃんの写真を見つめる

善子「ずら丸、降臨……なんでここに!」

花丸「?」

 

 

梨子「はぁ、無理よ、さすがに……」

千歌「でもー!はぁ、はぁ、μ'sも階段登って鍛えたって……」

曜「でも、はぁ、こんなに長いなんて……」

梨子「こんなの毎日登ってたら、はぁ、身体が保たないわ……」

果南「千歌?」

ようちかりこ「「「?」」」

千歌「果南ちゃん!」

曜「もしかして、上まで走っていったの?」

果南「一応ね、日課だから」

ようちか「「!?」」

梨子「日課!?」

果南「千歌たちこそ、どうしたの?急に」

千歌「鍛えなくっちゃって……ほら、スクールアイドルで!」

果南「あぁ~……そっか。ま、がんばりなよ。じゃあ、店開けなきゃいけないから」

梨子「息ひとつ切れてないなんて……」

曜「上には上がいるってことだね……」

千歌「はぁ~ぁ……私たちも!行くよおぉ~~……」

ようりこ「「あはは……」」

 

 

ルビィ「ええぇ!?スクールアイドルに!?」

花丸「うん」

ルビィ「どうして!?」

花丸「どうしてって、やってみたいからだけど……ダメ?」

ルビィ「全然!ただ、花丸ちゃん興味とかあんまり無さそうだったから……」

花丸「いや、ルビィちゃんと一緒に見ているうちに、いいなあって」

花丸「だから、ルビィちゃんも一緒にやらない?」

ルビィ「ルビィも!?」

花丸「やってみたいんでしょ?」

ルビィ「それは、そうだけど……人前とか苦手だし、お姉ちゃんが嫌がると思うし……」

花丸「……そっか。じゃあ、こうしない?」

花丸「――」

ルビィ「……体験、入部?」

 

Bパート

 

千歌「ほんとー!?」

花丸「はい」

ルビィ「よろしくお願いします!」

千歌「ぃやったぁ!……やったぁ……!!!」

千歌「――――やったぁーー!!!!」

千歌「これでラブライブ優勝だよ!レジェンドだよー!」

曜「千歌ちゃん待って、体験入部だよ?」

千歌「へ?」

梨子「要するに、仮入部っていうか、お試しってこと。それでいけそうだったら入るし、合わないっていうならやめるし」

千歌「そうなの?」

花丸「いや、まあ、いろいろあって……」

千歌「💡!」

曜「もしかして、生徒会長?」

花丸「……あ、はい、だからルビィちゃんとここに来たことは内密に……」

千歌「ぃよっ!できたー!」

曜「……千歌ちゃん、人の話は聞こうね?」

千歌「ほぇ?」

梨子「じゃあとりあえず、練習やってもらうのが一番ね」

 

千歌「」パチパチ

ルビィ「わぁー!!」

花丸「ほぉ……」

梨子「いろいろなスクールアイドルのブログを見て作ってみたの!」

曜「曲作りは?」

梨子「それは、別に時間を見つけてやるしかないわね」

ルビィ「本物のスクールアイドルの練習……!!」

花丸「……♪」

曜「でも、練習どこでやるの?」

千歌「あ……」

 

千歌「中庭もグランドもいっぱいだねー、部室もそこまで広くないし……」

曜「砂浜じゃダメなの?」

梨子「移動の時間考えると、練習場所はできたら学校内で確保したいわ」

ルビィ「屋上はダメですか!?」

千歌「屋上?」

ルビィ「μ'sはいつも、屋上で練習してたって!」

千歌「そうか!」

曜「屋上かー!」

千歌「行ってみよー!」

 

千歌「うわーー!!!!!すっごーい!!!!」

曜「富士山くっきり見えてる!」

花丸「でも陽射しは強いかも……」

千歌「それがいいんだよ!太陽の光をいーっぱい浴びて、海の空気を胸いっぱいに吸い込んで……」

千歌「……あったかい」床に手を置く

千歌「?」4人も手を置く

曜「……ほんとだ」

花丸「うぅ~ん……気持ちいいずら~……」

ルビィ「花丸ちゃん?」

ルビィ「……ふふ」ツンツン

千歌「さあ、始めようか」

千歌「じゃあ、行くよー?Aqoursー!」

「「「「「サンシャイン!!!!!」」」」」

 

曜「1,2,3,4、1,2,3,4……」

千歌「……♪」

ルビィ「……できた……!」

花丸「さすがルビィちゃん」

ルビィ「できました、千歌先輩!」

千歌「はー……あ、あれ?」

梨子「千歌ちゃんはやり直し」

ルビィ「えっへへ……」

 

千歌「えへへ……」

梨子「今日までって約束だったはずよ?」

千歌「思いつかなかったんだもん……」

(梨子「思いつかなかったじゃないでしょ?」

(千歌「まあまあ……」

(梨子「約束は約束」

花丸「何かあったんですか?」

曜「新しい曲、今作ってて」

千歌「花丸ちゃんも、何か思いついたら言ってね?」

花丸「はぁ……」

ルビィ「……!」ステップの練習

花丸「……♪」

 

 

ルビィ「これ、一気に登ってるんですか……!?」

千歌「もちろん!」

曜「いつも途中で休憩しちゃうんだけどねー」

千歌「えへへ……」

梨子「でも、ライブで何曲も踊るには頂上まで駆け上がるスタミナが必要だし」

千歌「じゃあ、μ's目指して!よーい……どーん!」

 

花丸「はぁ……はぁ……」

ルビィ「……!」

ルビィ「花丸ちゃん……」

花丸「はぁ……やっぱり、マルには……」

曜「どうしたの?」

ルビィ「……ちょっと息が切れちゃって、先行っててください」

曜「無理、しないでねー?」

花丸「ルビィちゃん……?」

ルビィ「一緒に行こ?」

花丸「ダメだよ……」

ルビィ「え?」

花丸「ルビィちゃんは、走らなきゃ、はぁ」

ルビィ「花丸ちゃん……?」

花丸「ルビィちゃんは、もっと自分の気持ち、大切にしなきゃ」

花丸「自分に嘘ついて、はぁ、無理に人に合わせても、つらいだけだよ」

ルビィ「……合わせてるわけじゃ……」

花丸「ルビィちゃんは、スクールアイドルになりたいんでしょ?」

ルビィ「……ぅん」

花丸「だったら、前に進まなきゃ」

ルビィ「……」

花丸「……さぁ、行って」

ルビィ「……で、でも……」

花丸「……さぁ」

ルビィ「……」

ルビィ「……!」

ルビィ「……うん!」

 

花丸(――マルと一緒に図書室で過ごしてくれたその子は、とても優しくて、とても思いやりがあって)

ルビィ「えへっ……!」

花丸(でも、気にしすぎな子)

花丸(素晴らしい夢も、キラキラした憧れも、全部、胸に閉じ込めてしまう子)

花丸(その胸の扉を思い切り開いてあげたいと、ずっと思っていた)

花丸(中に詰まっている、いっぱいの光を――)

ルビィ「はぁ、はぁ……」

千歌「あと少しー!」

梨子「がんばってー!」

曜「ルビィちゃーん!」

花丸(――世界の隅々まで照らせるような、その輝きを)

花丸(大空に、放ってあげたかった)

ルビィ「……あははっ……!」

花丸(それが、マルの夢だった)

ルビィ「――はぁ、はぁ、はぁ……!」

ルビィ「……やった……!やったぁ……!」

曜「すごいよルビィちゃん!」

千歌「見て!」

ルビィ「うわぁぁ……!」

千歌「やったよ!登りきったよー!!」

 

果南「……」見上げる

鞠莉「……」ティータイム

 

花丸「……」微笑む

ダイヤ「――なんですの?こんなところに呼び出して」

花丸「っ……」

花丸「あの、ルビィちゃんの話を……ルビィちゃんの気持ちを、聞いてあげてください」

ダイヤ「……ルビィの?」

花丸「……」走り去る

ダイヤ「ぁ……」

ダイヤ「……そんなの、わかってる……」

ルビィ「……お姉ちゃん!?」

ダイヤ「ルビィ?」

千歌「ダイヤさん、なんでここに……」

ダイヤ「……これはどういうことですの?」

ルビィ「あの、それは……その……」

千歌「違うんです、ルビィちゃんは――」

ルビィ「――千歌さん」

千歌「……」

ルビィ「……お姉ちゃん」

ダイヤ「……」

ルビィ「……」

ルビィ「……!」

ルビィ「ルビィ……ルビィね……!」

ダイヤ「……!」

 

 

ダイヤ「……」

鞠莉「よかったね。やっと希望が叶って(Her hope finally came true)」

ダイヤ「……なんの話ですの」

 

 

ルビィ「……よろしくお願いします!」

千歌「よろしくね!」

ルビィ「はい!がんばります!」

梨子「そういえば、国木田さんは?」

ルビィ「……」

 

 

花丸(これでマルの話はおしまい)

花丸(もう、夢は叶ったから)

花丸(マルは本の世界に戻るの)

花丸「大丈夫、ひとりでも(I'm fine by myself)」

ラブライブ!5周年記念号』

花丸「……」

花丸「……」雑誌を手に取る

花丸「……ばいばい――」

ルビィ「――――ルビィね!」

花丸「!?ルビィちゃん!?」

ルビィ「ルビィね、花丸ちゃんのこと見てた!」

ルビィ「ルビィに気を遣って、スクールアイドルやってるんじゃないかって!ルビィのために、無理してるんじゃないかって、心配だったから!」

練習風景

ルビィ「でも、練習のときも、屋上にいたときも、みんなで話してるときも――!」

ルビィ「――花丸ちゃん、嬉しそうだった……!」

花丸「……!」

ルビィ「それ見て思った、花丸ちゃん好きなんだって!ルビィと同じくらい好きなんだって!スクールアイドルが!」

花丸「っ……マルが……?まさか……」

ルビィ「じゃあ、なんでその本そんなに読んでたの?」

花丸「……それは……」

ルビィ「ルビィね、花丸ちゃんと一緒にスクールアイドルできたらって、ずっと思ってた!一緒にがんばれたらって!」

花丸「……!……それでも、おらには無理ずら。体力ないし、向いてないよ」

ルビィ「……そこに映ってる凛ちゃんもね、自分はスクールアイドルに向いてないってずっと思ってたんだよ?」

花丸「……!」

梨子「――でも好きだった(She loved it)。やってみたいと思った(She wanted to try it)」

梨子「最初はそれでいいと思うけど?」

千歌「……」手を差し出す

花丸「……!」

ルビィ「ルビィ、スクールアイドルがやりたい!花丸ちゃんと!」

花丸「……!……マルに、できるかな……」

千歌「私だってそうだよ?」

花丸「!」

千歌「一番大切なのはできるかどうかじゃない。やりたいかどうかだよ!」

花丸「……!」

ルビィ「……」微笑む

ようりこ「「……」」微笑む

千歌「えへへ」

花丸「……!」

花丸「……」千歌の手を取る

全員で手を重ねる

 

 

千歌「じゃあ、行くよ?」

千歌「せーの!」

RANK 4999

梨子「4999位……」

ルビィ「上に5000組もスクールアイドルがいるってこと……?すごい数……」

花丸「……ふふっ。さぁ、ランニング行くずらー!」

「「「おー!!!」」」

ルビィ「……えへっ」

凛ちゃんの写真が映る

 

ED

3話写経

梨子「前回の!」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」

梨子「千歌ちゃんは東京から来た転校生のスカウトを続ける」

梨子『ごめんなさーい!』

千歌『待っ――わぶっ』

千歌『聴こえた?』

梨子『うん……!』

梨子「そんなとき、3人で海の音を聴いたことをきっかけに曲作りをすることになった」

ようちか『『かし?』』

梨子「一緒に作業するうちに、スクールアイドルの魅力に気づく」

千歌『それって――とっても素敵なことだよ?』

梨子「そして、新たな事件が――」

 

 

「「「1,2,3,4……」」」

曜「はい、ストップ!」

曜「よっと」Playボタン

千歌「どう?」

梨子「だいぶ良くなってきている気がするけど……」

曜「でも、ここの蹴り上げがみんな弱いのと、ここの動きも」

千歌「わー、ほんとだー!」

梨子「さすがね、すぐ気づくなんて」

曜「高飛び込みやってたからフォームの確認は得意なんだ!……リズムは?」

梨子「だいたいいいけど、千歌ちゃんが少し遅れてるわ」

千歌「わたしかー!!」

千歌「……?」

ブロロロロ

梨子「なに、あれ?」

曜「小原家のヘリだね」

梨子「小原家?」

曜「淡島にあるホテル経営してて、新しい理事長もそこの人らしいよ」

千歌「へぇ~」

千歌「…………なんか、近付いてない?」

梨子「……気のせいよ」

曜「でも……」

「「「うわー!」」」

千歌「なになに!?」

鞠莉「チャオ~!」

 

OP

 

千歌「え?新理事長?」

鞠莉「Yes! でもあまり気にせず、気軽にマリーって呼んでほしいの!」

曜「でも……」

鞠莉「紅茶、飲みたい?」

千歌「あの、新理事長」

鞠莉「マリーだよ!」

千歌「m,マリー……その制服は……」

鞠莉「どこか変かなー?3年生のリボンはちゃんと用意したつもりだけど……」

千歌「理事長ですよね?」

鞠莉「しかぁーし!この学校の3年生、生徒兼理事長!カレーギュードンみたいなものね!」

梨子「例えがよくわからない……」

鞠莉「分からないの??」

ダイヤ「分からないに決まってます!」

曜「生徒会長?」

鞠莉「オー、ダイヤ久しぶりー!随分大きくなって!」

ダイヤ「触らないでいただけます?」

鞠莉「胸は相変わらずねぇ」

ダイヤ「っやかましい!……ですわ」

鞠莉「イッツジョーク!」

ダイヤ「まったく、1年のときにいなくなったと思ったらこんなときに戻ってくるなんて、いったいどういうつもりですの?」

鞠莉「シャイニー!」

ダイヤ「人の話を聞かない癖は相変わらずのようですわね」胸ぐらをつかむ

鞠莉「イッツジョーク」

ダイヤ「とにかく、高校3年生が理事長なんて冗談にもほどがありますわ」

鞠莉「そっちはジョークじゃないからね」

ダイヤ「は?」

鞠莉「私のHome、小原家の学校への寄付は相当な額なの」

千歌「うそ!?」

ダイヤ「そんな、なんで!?」

鞠莉「実は、この浦の星にスクールアイドルが誕生したという噂を聞いてね」

ダイヤ「まさか、それで?」

鞠莉「そう!ダイヤに邪魔されちゃかわいそうなので、応援しにきたのです」

千歌「ほんとですか!?」

鞠莉「Yes! このマリーが来たからには、心配いりません!デビューライブはアキバデュームを用意してみたわ!」

梨子「そんな!いきなり……」

千歌「き、きせきだよ!!」

鞠莉「イッツジョーク!」

千歌「ジョークのためにわざわざそんなもの用意しないでください」

鞠莉「実際には……」

 

曜「ここで?」

鞠莉「はい。ここを満員にできたら、人数にかかわらず部として承認してあげますよ」

千歌「ほんと!?」

鞠莉「部費も使えるしね」

梨子「でも、満員にできなければ?」

鞠莉「そのときは、解散してもらうほかありません」

千歌「えぇ!?そんなぁ……」

鞠莉「嫌なら断ってもらっても結構ですけど?どうします?」

梨子「どう、って……」

曜「結構広いよね、ここ。……やめる?」

千歌「やるしかないよ!他に手があるわけじゃないんだし」

曜「そうだね!」

鞠莉「Okay, 行うということでいいのね」立ち去る

梨子「……待って!」

ようちか「「?」」

梨子「この学校の生徒って、全部で何人?」

曜「えぇーっと……あっ!」

千歌「なになに?」

梨子「わからない?全校生徒、全員来ても――ここは、満員にならない」

千歌「……うそ」

曜「まさか、鞠莉さんそれわかってて……」

 

 

千歌「どうしよう……」

梨子「でも、鞠莉さんの言うこともわかる。そのくらいできなきゃ、この先もダメということでしょう?」

千歌「やっと曲ができたばかりだよ!ダンスもまだまだだし……」

曜「じゃ、諦める?」

千歌「っあきらめない!」

梨子「なんでそんな言い方するの?」

曜「こう言ってあげた方が、千歌ちゃん燃えるから」

「次は、伊豆三津シーパラダイス

千歌「……そうだ!」

曜「ね?」

 

 

千歌「おねがい!いるでしょ、従業員……」

美渡「そりゃいることはいるよ」

千歌「何人くらい?」

美渡「本社も入れると……200人くらい?」

千歌「200人……!」

千歌「あのね、私たち来月の初めにスクールアイドルとしてライブを行うことにしたのね」

美渡「フッ、スクールアイドル?あんたが?」

千歌「でね、お姉ちゃんにも来てほしいなって思って……!会社の人200人ほど誘って……」

美渡「……」

千歌「満員にしないと学校の公認がもらえないの!だからおねがい!」

 

 

千歌「……おかしい。完璧な作戦のはずだったのに……」

曜「お姉さんの気持ちも、わかるけどねー」

千歌「うぇ!?曜ちゃんお姉ちゃん派!?……あれ、梨子ちゃんは?」

曜「お手洗い行くって言ってたけど……」

梨子「……!……!!!」

千歌「あれ、何やってんの?」

梨子「はぁ……」

曜「それよりも、人を集める方法でしょ?」

梨子「!?」

千歌「そうだよね、何か考えないと……」

梨子「……!」

曜「町内放送で呼びかけたら?頼めばできると思うよ」

梨子「!……!」

千歌「あとは沼津かなあ。向こうには高校いっぱいあるから、スクールアイドルに興味ある高校生もいると思うし」

梨子「ひいいいい!!!」

 

 

梨子「東京に比べると人は少ないけど、やっぱり都会ね」

曜「そろそろ部活終わった人たちが来るころだよね」

千歌「よーし!気合入れて配ろう!」

 

千歌「あの!お願いします!」

千歌「……あれ?」

梨子「意外と難しいわね」

曜「こういうのは、気持ちとタイミングだよ!見てて!」

曜「ライブのお知らせでーす!よろしくお願いしまーす!」

「ライブ?」

曜「はい!」

「あなたが歌うの?」

曜「はい!来てください!」

「日曜かー、行ってみる?」

「いいよ」

曜「よろしくお願いしまーす!」

梨子「すごい……」

千歌「よし!私も!」

千歌「――ライブやります。ぜひ」

「え……でも……」

千歌「ぜひ!」

「ど、どうも……!」

千歌「勝った!」

梨子「勝負してどうするの?」

千歌「つぎ、梨子ちゃんだよ?」

梨子「え、私?」

千歌「当たり前でしょ?3人しかいないんだよ」

梨子「それは、わかってるけど……」

曜「お願いしまーす!」

梨子「こういうの苦手なのに……」

曜「お願いしまーす!」

梨子「あの、ライブやります!来てね!」

千歌「……なにやってるの?」

梨子「練習よ、練習」

千歌「練習してる暇なんてないの!さぁ!」

梨子「へ、千歌ちゃん?あ、ちょ、待って、ちょっと――!」

善子「!?」

梨子「――あ、すみません!」

梨子「……あ、あの……お願いします!」

善子「……」

梨子「あの……」

善子「……!」チラシを奪い去る

梨子「……やった」

曜「……あの人、どっかで見たような……」

 

 

ルビィ「うわぁ~……!」

花丸「決めた?」

ルビィ「うん!これにする!」

花丸「ほんとにアイドル好きなんだね」

ルビィ「花丸ちゃんは?」

花丸「マルは……これ!」

ルビィ「そ、そんなに?」

 

 

曜「お願いしまーす!」

千歌「お願いしまーす!」

千歌「……あ。花丸ちゃーん!」

ルビィ「……!」

千歌「花丸ちゃーん!はい!」

花丸「ライブ?」

千歌「花丸ちゃんも来てね!」

ルビィ「やるんですか!?」

千歌「え?」

ルビィ「……!」花丸の影に隠れる

千歌「……絶対満員にしたいんだ。だから、来てね?ルビィちゃん」

ルビィ「……」

千歌「じゃあ私、まだ配らなきゃいけないから!」

ルビィ「あああ、あの!」

千歌「え?」

ルビィ「ぐ、グループ名はなんて言うんですか?」

千歌「ぐるーぷ……めい?」

千歌「……あ……」

 

Bパート

 

梨子「まさか、決めてないなんて」

千歌「梨子ちゃんだって、忘れてたくせに」

曜「とにかく、早く決めなきゃ」

千歌「そーだよねー、どうせなら学校の名前入ってる方がいいよね。浦の星スクールガールズとか?」

梨子「まんまじゃない」

千歌「じゃあ梨子ちゃん決めてよー」

梨子「ええ?」

曜「そうだね、ほら東京で最先端の言葉とか!」

千歌「うん、そうだよそうだよ!」

梨子「……えぇ、えーっと……じゃあ、3人海で知り合ったから……スリーマーメイドとか……?」

ようちか「「1,2,3,4……」」

梨子「――待って!今のなし!」

 

千歌「曜ちゃんはなにかない?」

曜「んー……制服少女隊!どう?」

千歌「ないかな」

梨子「そうね」

曜「えーー!!??」

梨子「はぁ……こういうのはやっぱり、言い出しっぺがつけるべきよね」

曜「さんせーい!」

千歌「戻ってきたぁー!」

梨子「じゃあ制服少女隊で良いって言うの?」

千歌「スリーマーメイドよりはいいかな……」

梨子「それはなしって言ったでしょ!?」

千歌「だって……」

千歌「……?」

Aqours

千歌「これ、なんて読むの?」

千歌「えーきゅーあわーず……」

梨子「アキュア……?」

曜「もしかして、アクア?」

梨子「水ってこと?」

千歌「水かぁ……」

千歌「なんか、良くない?グループ名に」

梨子「これを?誰が書いたのかもわからないのに?」

千歌「だから良いんだよ!名前決めようとしているときに、この名前に出会った。それって、すごく大切なんじゃないかな!」

曜「そうかもね」

梨子「このままじゃ、いつまでも決まりそうにないし」

千歌「じゃあ、決定ね!この出会いに感謝して、今から、私たちは――」

 

 

「「「浦の星女学院スクールアイドル、Aqoursです!」」」

梨子「待って、でもまだ学校から正式な承認もらってないんじゃ……」

千歌「あぁー!じゃあ、えーっと……浦の星女学院非公認アイドル、Aqoursです!今度の土曜14時から、浦の星女学院体育館にてライブ――」

梨子「非公認っていうのはちょっと……」

ダイヤ「……💢💢」

千歌「じゃあ、なんて言えばいいのーーー!!!!」

 

 

梨子「よろしくお願いします」

千歌「よろしくー!」

梨子「ありがとうございます!」

「「「次は私たちもー!」」」

ちかりこ「「?」」

曜「じゃあ、せーの……全速前進ー!」

「「「ヨーソロー!」」」

千歌「さすが曜ちゃん、人気者ー……」

梨子「あはは……」

 

 

「手伝い?」

千歌「うん!」

「いいよ」

千歌「ほんと!?」

「もちろん!」

 

 

梨子「……」

ようちか「「……」」

ようちか「「……おぉ!ゴージャス!!」」

 

 

梨子「ここでステップするより、こう動いた方がお客さんに正対できていいと思うんだけど」

曜「じゃあ、ここで私がこっちに回り込んでサビに入る?」

梨子「間に合う?千歌ちゃーん、どう思う?」

千歌「zzz……」

梨子「……今日はそろそろおしまいね」

曜「うん」

曜「……って、ああっ、もうこんな時間!?バス終わっちゃってる……」

梨子「え!?」

 

 

曜「……うん、うん」

志満「大丈夫だった?」

曜「はい、いい加減にしなさいって怒られちゃったけど」

志満「ほんと、夢中よね」

曜「?」

志満「千歌ちゃんがここまでのめり込むなんて思わなかった」

曜「そうですか?」

志満「ほら、あの子ああ見えて飽きっぽいところあるでしょ?」

曜「飽きっぽいんじゃなくて、中途半端が嫌いなんですよ。やる時はちゃんとやらないと、気が済まないっていうか」

志満「……そっか。さすが曜ちゃん」

曜「えへへ」

志満「それで、うまく行きそうなの?ライブは」

曜「…………うん。行くといいけど」

志満「……満員か」

曜「人、少ないですからね、ここらへん」

曜「……」

志満「大丈夫よ。みんな、あたたかいから」

曜「……ふふ」

 

 

善子「……」

 

梨子「やっぱり慣れないわ。本当にこんなに短くて大丈夫なの?」

千歌「大丈夫だって!μ'sの最初のライブの衣装だって……これだよ!」

梨子「……はぁ。やっぱりやめておけばよかったかも、スクールアイドル」

曜「大丈夫!ステージ出ちゃえば忘れるよ!」

千歌「そろそろだね!えーっと……どうするんだっけ」

曜「確か、こうやって手を重ねて……」

千歌「……つなごっか」

梨子「え?」

千歌「こうやって互いに手をつないで……ね?あったかくて、好き」

曜「ほんとだ」

千歌「……雨、だね」

曜「みんな、来てくれるかな」

梨子「もし、来てくれなかったら……」

千歌「じゃあ、ここでやめて終わりにする?」

「「「……ふふっ」」」

千歌「――さあ行こう!今、全力で、輝こう!」

「「「Aqours!!サンシャイン!!」」

 

 

「「「……」」」

千歌「……!」

まばらな拍手

「「「……」」」

千歌「……!」

千歌「私たちは、スクールアイドル!せーの――」

「「「Aqoursです!!!」」」

梨子「私たちは、その輝きと」

曜「諦めない気持ちと」

千歌「信じる力に憧れ、スクールアイドルを始めました」

千歌「目標は、スクールアイドル、μ'sです!聴いてください!」

 

ダイスキだったらダイジョウブ

 

「――!!?」

「――え」

「――わっ」

「「「――!?」」」

ダイヤ「……」

千歌「……」

「……ち、千歌……」

梨子「どうすれば……」

曜「いったい、どうしたら……」

鞠莉「……」

鞠莉「……!」

千歌「気持ちが繋がりそうなんだ……」

曜「……!」

曜「知らないことばかり なにもかもが……」

ルビまる「「……!」」

梨子「それでも 期待で 足が軽いよ……」

千歌「温度差なんて いつか消しちゃえってね……」

千歌「……元気だよ 元気を出していくよ…………」

鞠莉「……」

果南「……」

千歌「……うぅっ……」

千歌「――!?」

「「「――!?」」」

千歌「……!?」

美渡「バカチカー!あんた開始時間間違えたでしょ!」

「――わっ!」

鞠莉「……!」

ルビまる「「わぁ――!」」

ようちかりこ「「「…………!」」」

ダイヤ「……」

千歌「ほんとだわたし……バカチカだ」

 

ダイスキだったらダイジョウブ

 

「「「わぁー!!!」」」

ルビまる「「わぁ――!」」

善子「……!」

鞠莉「……」微笑む

果南「……」無表情

 

ようちかりこ「「「……」」」

曜「……彼女たちは言いました」

梨子「スクールアイドルは、これからも広がっていく。どこまでだって行ける、どんな夢だって叶えられると」

ダイヤ「……」

千歌「――」

ダイヤ「これは今までの、スクールアイドルの努力と、街の人たちの善意があっての成功ですわ!勘違いしないように」

千歌「――わかってます!」

ダイヤ「……!?」

千歌「でも……でも、ただ見てるだけじゃ、始まらないって!」

梨子「……!」

曜「……」微笑む

千歌「うまく言えないけど――」

ルビまる「「……」」

善子「……」

鞠莉「……」

果南「……」立ち去る

千歌「――今しかない、瞬間だから……!」

千歌「……だから!」

ようちかりこ「「「――輝きたい!!!」」」

「「「…………」」」

千歌「……」

拍手

千歌「……!」

ED

2話写経

曜「前回の!」

「「「ラブライブ!サンシャイン!!」」」

曜「春、スクールアイドルμ’sを知った千歌ちゃんは、自分の学校にスクールアイドル部を作る決心をした!」

曜「そんなとき、千歌ちゃんは東京でピアノをやってるという女の子に出会い、スクールアイドルへの想いを話す」

梨子『離して!』

千歌『私も仲間と一緒に頑張ってみたい!』

曜「スクールアイドルを始めるため、作曲のできる生徒を探す千歌ちゃん」

曜「その前に、海で出会った女の子、梨子ちゃんが転校生として現れた!」

千歌『奇跡だよ!!』

 

 

『音ノ木坂学院高校1年、桜内梨子さん。曲は「海に還るもの」』

梨子『……』

梨子『……!』

梨子『……っ』

 

 

梨子「っ……!」

梨子「……」ベランダに出る

梨子「……」千歌の部屋の窓を見つめる

 

OP

 

梨子「ごめんなさい」

千歌「だからね、スクールアイドルっていうのはー!」

曜「……」

千歌「はぅぅ……」

 

梨子「ごめんなさい」

千歌「学校を救ったりもできたりして、すっごく素敵でー!」

梨子「……」

千歌「はぅぅぅ……」

 

千歌「どうしても作曲できる人が必要でー!」

梨子「ごめんなさーい!」

千歌「待っ……!わぶっ」

むつ「なに、あれ」

曜「あはは……」

 

千歌「1,2、1,2、1,2、1,2」

曜「またダメだったの?」

千歌「うん!でもあと一歩、あと一押しって感じかな!」

曜「ほんとかなあ……」

曜「よっと」START:DASH!!の再生を止める

千歌「だって、最初は――」

梨子『ごめんなさい!』

千歌「だったのが、最近は――」

梨子『っ……ごめんなさい……』

千歌「になってきたし!」

曜「嫌がってるようにしか思えないんだけど……」

千歌「だいじょうぶ!いざとなったら――」音楽の教科書

千歌「――なんとかするし!」

曜「それはー、あんまり考えない方がいいかもしれない……」

千歌「それより、曜ちゃんの方は?」

曜「あぁ!描いてきたよー!」

 

 

千歌「おぉ……」

曜「どう?」

千歌「すごいね……でも衣装というより制服に近いような……スカートとかないの?」

曜「あるよー!はい!」

千歌「えっ、いやーこれも衣装っていうか……もうちょっとこうかわいいのはー……」

曜「だったらこれかな!はい!」

千歌「武器持っちゃった!」

曜「かわいーよねー!!」

千歌「かわいくないよ!むしろこわいよー!」

曜「んー?」

千歌「もー、もっとかわいいスクールアイドルっぽい服だよー」

曜「と、思って!それも描いてみたよ!ほい!」(イラスト千歌、髪留めが四つ葉)

千歌「わぁー、すごーい!キラキラしてる!」

曜「でしょー?」

千歌「こんな衣装作れるの?」

曜「うん、もちろん!なんとかなる!」

千歌「ほんとー!?よーし、くじけてるわけにはいかない!」

 

 

ダイヤ「お断りしますわ!」

千歌「こっちも!?」

曜「やっぱり」

ダイヤ「5人必要だと言ったはずです。それ以前に、作曲はどうなったのです?」

千歌「それはー……たぶん……いずれー!……きっとー……可能性は無限大!」

千歌「……で、でも、最初は3人しかいなくて大変だったんですよね、u'sも」

ダイヤ「……!」

曜「?」

千歌「知りませんか?」

曜「……!ぁ……」

千歌「第2回ラブライブ優勝、音ノ木坂学院スクールアイドル、u's!」

ダイヤ「……それはもしかして、μ’sのことを言ってるのではありませんですわよね?」

ようちか「「……」」

ダイヤ「…………」

千歌「……あ、もしかしてあれ、みゅーずって読む……」

 

 

千歌「『おだまらっしゃーい!!』だって~!前途多難すぎるよ~……」

曜「……じゃー、やめる?」

千歌「やめない!んー!」

曜「だよね!」

 

 

ダイヤ「言うに事欠いて、名前を間違えるですって!?あぁん!?」

ダイヤ「μ’sはスクールアイドルにとっての伝説、聖域、聖典、宇宙にも等しき生命の源ですわよ!?その名前を間違えるとは……!」

ダイヤ「……片腹痛いですわ」

曜「……!!」目を輝かせてる?

千歌「……ち、ちかくないですか?」

 

 

千歌「あ、花丸ちゃーん!おーい!」

花丸「こんにちは」

千歌「はぁぁ、やっぱりかわいい……!」

千歌「……?……???」

花丸「……?」

ルビィ「!」

千歌「ルビィちゃんもいるー!」

ルビィ「……!」

 

 

ダイヤ「ふん、その浅い知識だと、たまたま見つけたから軽い気持ちで真似をしてみようとか思ったのですね?」

千歌「そんなこと……」

ダイヤ「ならば、μ’sが最初に9人で歌った曲、答えられますか?」

千歌「……え、えと……」

ダイヤ「ぶーっ!ですわ!」

 

 

千歌「……ほーらほら、こわくなーい……食べる?」

ルビィ「……!えへへ……」

千歌「よっと!」

ルビィ「うぅ……うゅ!」

千歌「ふふん……とぉりゃ!!」

ルビィ「わ!!」

千歌「捕まえた!」

ルビィ「うぅ……!」

 

 

ダイヤ「『僕らのLIVE 君とのLIFE』、通称ぼららら。次、第2回ラブライブ予選でμ’sがA-RISEと一緒にステージに選んだ場所は?」

千歌「ステージ……?」

ダイヤ「ぶっぶー!ですわ!」

ダイヤ「秋葉原UTX屋上。あの伝説と言われるA-RISEとの予選ですわ!次、ラブライブ第2回決勝、μ’sがアンコールで歌った曲は――」

千歌「知ってる!『僕らは今のなかで』!」

ダイヤ「――ですが」

 

 

バス車内

花丸「スクールアイドル?」

千歌「すっごく楽しいよ!興味ない?」

花丸「あ、いえ、マルは図書委員の仕事があるずら。……ぃ、いや、あるし」

千歌「そっかー、ルビィちゃんは?」

ルビィ「え、あ、ぁ、ルビィはその……お姉ちゃんが……」

千歌「お姉ちゃん?」

花丸「ルビィちゃん、ダイヤさんの妹ずら」

千歌「えっ?あの生徒会長の?」

曜「なんでか嫌いみたいだもんね、スクールアイドル」

ルビィ「……はい……」

花丸「……」

 

 

ダイヤ「――ですが。曲の冒頭、スキップしている4名は誰?」

千歌「えぇー!?」

ダイヤ「ぶっぶっぶーーー!!!っですわぁ!!!」

 

花丸「?」

ルビィ「……」

 

ダイヤ「絢瀬絵里東條希星空凛西木野真姫!こんなの基本中の基本ですわよ?」

曜「す、すごい……」

千歌「生徒会長、もしかしてμ’sのファン……?」

ダイヤ「当たり前ですわ、わたくしを誰だと……んっんんっ、一般教養ですわ一般教養!」

ようちか「「えー??」」

ダイヤ「っ……と、とにかく、スクールアイドル部は認めません!」

 

ルビィ「……っ」

 

 

ルビィ「……」

花丸「……」

曜「今は、曲作りを先に考えた方がいいかも。何か変わるかもしれないし!」

千歌「そうだねー……花丸ちゃんはどこで降りるの?」

花丸「今日は沼津までノートを届けに行くところで」

千歌「ノート?」

花丸「はい、実は入学式の日――」

 

 

善子『堕天使ヨハネと契約して、あなたも私のリトルデーモンになってみない?うふふ……』

『『『……』』』

花丸『……』

ルビィ『……!!』見惚れる

善子『…………ぴーーーんち!うぅ!』

 

 

花丸「――それっきり、学校に来なくなったずら」

ルビィ「……」苦笑い

曜「そうなんだ……」

 

千歌「――じゃーねー!!」

千歌「……!」

千歌「桜内さーん!」

梨子「!……はぁ……」

千歌「まさか、また海入ろうとしてるー?」

梨子「……してないですっ!!」

千歌「よかったっ」

梨子「あのねぇ、こんなところまで追いかけてきても、答えは変わらないわよ?」

千歌「へ?あ、ちがうちがう、通りかかっただけ。そういえば、海の音、聴くことはできた?」

梨子「……」

千歌「(微笑んで)……じゃあ、今度の日曜日空いてる?」

梨子「……どうして?」

千歌「お昼にここに来てよ。海の音、聴けるかもしれないから」

梨子「聴けたらスクールアイドルになれって言うんでしょ」

千歌「うーん、だったらうれしいけど……その前に聴いてほしいの。歌を」

梨子「歌?」

千歌「梨子ちゃん、スクールアイドルのこと全然知らないんでしょ?だから、知ってもらいたいの!……ダメ?」

梨子「……」

梨子「……あのね、私、ピアノやってるって話したでしょ?」

千歌「……うん」

梨子「小さい頃から、ずーっと続けてたんだけど。最近、いくらやっても上達しなくて、やる気も出なくて」

梨子「それで、環境を変えてみようって。海の音を聴ければ、何かが変わるのかなって……」

千歌「…………変わるよ、きっと」手を取る

梨子「簡単に言わないでよ」

千歌「分かってるよ。でも、そんな気がする」

梨子「……変な人ね、あなた」

梨子「とにかく、スクールアイドルなんてやってる暇はないの。ごめんね」

千歌「……」手を離さない

梨子「……?」

千歌「わかった、じゃあ海の音だけ聴きに行ってみようよ。スクールアイドル関係なしに」

梨子「え?」

千歌「ならいいでしょ?」

梨子「……」

梨子「……ほんと、変な人」

 

Bパート

 

果南「音ノ木坂から来た転校生?」

千歌「そうなんだよ、あのμ’sの!」

梨子「そんなに有名なの?」

果南「ふぅん、知らないんだ?」

 

 

梨子「イメージ?」

果南「水中では、人間の耳には音は届きにくいからね。ただ、景色はこことは大違い。見えてるものからイメージすることはできると思う」

梨子「想像力を働かせるってことですか?」

果南「ま、そういうことね。できる?」

梨子「やってみます」

 

 

梨子「……」

千歌「……」

曜「……」

梨子「……」首を振る

梨子「……ふぅ」

曜「ダメ?」

梨子「残念だけど……」

千歌「イメージか……確かに難しいよね」

梨子「簡単じゃないわ。景色は真っ暗だし」

曜「真っ暗?」

千歌「そっか、わかった!もう一回いい?」

果南「……」

 

梨子「……」

千歌「……」

曜「……」

(アバンの回想)

梨子「……」

梨子「……!」

ようちか「「」」上を指差す

梨子「!」

梨子「……!!」

 

梨子「ぷはぁっ、はぁ……」

千歌「っはぁ、聴こえた?」

梨子「うん……!」

千歌「私も聴こえた気がする!」

曜「ほんと?私も!」

ようちかりこ「「「ふふっ……あははは!!!」」」

果南「……」微笑む

 

 

千歌「えぇ、うそ!」

曜「ほんとに!?」

梨子「ええ」

千歌「ありがとぉ……ありがとー!!……ぅわっ」

梨子「待って、勘違いしてない?」

千歌「へ?」

梨子「私は曲作りを手伝うって言ったのよ?スクールアイドルにはならない」

千歌「えぇ~!?」

梨子「そんな時間はないの」

千歌「そっか……」

曜「無理は言えないよ」

千歌「そうだね~……」

梨子「じゃあ詞をちょうだい?」

千歌「し?」

千歌「し……し?」

千歌「し!」鞄にみかん

千歌「しってなに~~~~」

曜「たぶん~~~~歌の歌詞のことだと思う~~~~」

ようちか「「歌詞?」」

 

 

梨子「……あれ?ここ、旅館でしょ?」

千歌「そうだよ?」

曜「ここなら時間気にせずに考えられるから!バス停近いし帰りも楽だしねー」

志満「いらっしゃーい。あら曜ちゃーん、相変わらずかわいいわねー」

曜「えへへ」

志満「そちらは千歌ちゃんの言ってた子?」

千歌「うん!しま姉ちゃんだよ!」

梨子「あっ、あ……桜内梨子です」

志満「よろしく。こちらも美人さんねー」

千歌「そうなんだよー!さすが東京から来たって感じでしょー?」

志満「ほんとに!何もないところだけど、くつろいでいってね」

美渡「志満姉~」

千歌「みと姉、……そのプリン、もしかして!」

美渡「やばっ」

梨子「ひいいぃっ」

千歌「待てぇー!私のプリンーーー!」

 

 

千歌「ひどすぎるよ!しま姉が東京で買ってきてくれた限定プリンなのにー!そう思わない!?」

梨子「……それより、作詞を……」

美渡「いつまでも取っとく方が悪いんですー!」

千歌「うるさい!」

梨子「」エビ

曜「ひぃっ」

美渡「甘いわ!とりゃっ」

梨子「」浮き輪

曜「うぅわっ」

美渡「……やばっ」

梨子「……」

梨子「……失礼します」ピシャッ

梨子「さあ始めるわ――」

千歌「曜ちゃんもしかしてスマホ変えた?」

曜「うん!進級祝い!」

千歌「いいなー!」

梨子「」ドンッ

 

美渡「逃げるぞしいたけ!」

 

梨子「は・じ・め・る・わ・よ?」

曜「……」

千歌「……はい」

 

 

千歌「~~~……うぅ~ん……」

梨子「やっぱり、恋の歌は無理なんじゃない?」

千歌「いやだ!μ’sのスノハレみたいなのを作るの!」

梨子「そうは言っても、恋愛経験ないんでしょ?」

千歌「なんで決めつけるの?」

梨子「あるの?w」

千歌「……無いけど……」

梨子「やっぱり……それじゃあ無理よ」

千歌「……でも、ていうことは、μ’sの誰かがこの曲を作ってたとき、恋愛してたってこと?あ、ちょっと調べてみる!」

梨子「なんでそんな話になってるの?作詞でしょ?」

千歌「でも気になるし!……!」カタカタ

曜「千歌ちゃん、スクールアイドルに恋してるからね」

梨子「ほんとうに……」

梨子「……!」

曜「……!」

梨子「……」

曜「……」

千歌「なに?」

梨子「今の話、聞いてなかった?」

曜「スクールアイドルにドキドキする気持ちとか、大好きって感覚とか」

梨子「それなら、書ける気しない?」

千歌「……!」

千歌「――!!」

千歌「うん!書ける、それならいくらでも書けるよ!!えっと、まず、輝いているところでしょ、それからー!えへへ、あとね――」

梨子「……」目を潤ませる

 

『梨子ちゃん、とっても上手ね』

梨子『だって、ピアノ弾いてると空飛んでるみたいなの!』

梨子『自分がキラキラになるの!お星さまみたいに!』

 

千歌「――はい!」

梨子「もうできたの?」

千歌「参考だよ!私、その曲みたいなの作りたいんだ!」

梨子「……ユメノ……トビラ?」

千歌「私ね、それを聴いてね、スクールアイドルやりたいって、μ’sみたいになりたいって本気で思ったの!」

梨子「μ’s、みたいに……?」

千歌「うん!頑張って、努力して、力を合わせて、奇跡を起こしていく……私でも、できるんじゃないかって!今の私から、変われるんじゃないかって!そう思ったの!」

梨子「……!……本当に好きなのね」

千歌「……うん!」

千歌「――大好きだよ!」

 

 

梨子「……」

梨子「……」スマホユメノトビラを再生する

梨子「……」

千歌『みんな私と同じような、どこにでもいる普通の高校生なのに……キラキラしてた』

千歌『スクールアイドルって、こんなにも、キラキラ輝けるんだって!』

梨子「……」

梨子「……」ピアノの蓋を開ける

梨子『……!』

梨子『……っ』

梨子『……』

梨子『……』頭を下げる

梨子「……」

梨子「……『ユメノトビラ ずっと探し続けた』」

梨子「『君と僕との つながりを探してた』……」

梨子「……!」

千歌「わぁ……!えへへ」

梨子「!?……高海……さん……?」

千歌「梨子ちゃん!そこ梨子ちゃんの部屋だったんだ!」

梨子「そっか、引っ越したばかりで全然気付かなくて……」

千歌「今の、ユメノトビラだよね!?」

梨子「え?」

千歌「梨子ちゃん、歌ってたよね!?」

梨子「っ……いや、それは……」

千歌「ユメノトビラ、ずっと探し続けていた」

梨子「……そうね」

千歌「その歌、私大好きなんだ!第2回ラブライブの――」

梨子「――高海さん」

千歌「え?」

梨子「私、どうしたらいいんだろう。何やっても楽しくなくて、変われなくて……」

千歌「梨子ちゃん……」

千歌「……やってみない?スクールアイドル」

梨子「ダメよ……このままピアノを諦めるわけには……!」

千歌「やってみて、笑顔になれたら、変われたらまた弾けばいい。諦めることないよ」

梨子「……失礼だよ。本気でやろうとしている高海さんに、そんな気持ちで……」

梨子「……そんなの、失礼だよ」

千歌「――梨子ちゃんの力になれるなら、私はうれしい。みんなを、笑顔にするのが――スクールアイドルだもん」

千歌「んっ……!」手を伸ばす

梨子「千歌ちゃん!」

千歌「それって――とっても素敵なことだよ?」

梨子「……!」

梨子「んぅっ……!」手を伸ばす

梨子「っ……さすがに、届かないね――」

千歌「――待って、ダメ!」

梨子「……!!」

梨子「――!!んっ、んぅっ……!」

千歌「くっ……!んううっ……!」

梨子「……!!……わぁ――!!!」

千歌「わぁぁ――!!!」

 

ED